ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

Appleがヘルスケアサービスを立ち上げる⁉その課題は?

ヘルスケア関連の新しいサービス

AppleのクックCEOが、CNBCのインタビューで、新しいサービスを今年開始すると話した。Appleが近年取り組んでいるのはヘルスケアであり、Appleが人類に貢献できる分野だとも話している。新しいヘルスケアのサービスを開始する予定なのだろうか。

f:id:tkan1111:20190110065601p:plain

引用:CNBC

ヘルスケア事業を拡充してきた近年のApple 

クックが言うように、Appleはヘルスケア分野の拡充に努めてきた。Apple Watchに心電図や転倒転出機能を追加し、iPhoneでは使いすぎ防止のためのレポートが作成できるようになった。

他社製スマートテレビへAirPlay 2を提供したように、売上が伸びないiPhoneの代わりにサービス事業の拡充にAppleは取り組んでいる。

ヘルスケア向けサービスもその流れのひとつだろう。

でも、それはどんなサービスで懸念はないのだろうか。考察してみる。

医療機関との連携

Apple Watchで作成した心電図を医療機関に提出できる。iPhoneやApple Watchで取得した健康状態を医療機関に送信し、異常があった場合に診療できるサービスの導入が予想できる。

Apple Watchについては心拍数、心電図だけではなく、血糖値などの情報を収集できるようになるという噂も絶えない。高血糖値を警告してくれたり、日常生活について医者がアドバイスをくれたりするサービスが考えられる。

プライバシーは大丈夫?

健康状態という究極のプライバシー情報の保護は大丈夫だろうか。ここでAppleの個人情報保護の姿勢が活きてくる。Facebookなどと比較し「個人情報では商売しない」「指紋などの情報はクラウドに保存しない」などの取り組みをAppleは繰り返し表明している。

情報のプロテクト技術だけではなく、個人情報を大事にする企業イメージもヘルスケア事業推進にプラスになるだろう。

グローバルへの対応は?

各国の医療機関も保健サービスの内容も大きく異なる。Apple Watchの心電図機能もアメリカ以外では提供できていない。新サービスが医療機関との連携だとすると、グローバルへの展開は非常に時間がかかるだろう。

ハードの対応は?

健康状態を把握するためにはウェアラブルデバイスであるApple Watchが主役になるが、腕時計を常時着用することに抵抗がある人もいるだろう。

Apple Watchだけではなく、AirPodsで心拍数を計測するという噂も出ている。

f:id:tkan1111:20190110075639p:plain

増えるサービスの整理が大事

ハードの成長の見通しがたたない現状、サービス事業の拡大はAppleにとって必須だが、増えるサービス事業をどのように整理するかが課題となる。

  • Apple Music
  • iTunes Movie
  • iCloudストレージ
  • ヘルスケア機能?

ヘルスケア機能だけのサービスに加入するユーザーがどれだけいるか、金額の設定も難しいだろう。「Apple Prime」みたいに一括したサービスの中の付帯サービスであれば導入しやすいと思うが、Appleはどのように考えているのだろうか。

ITを使った健康管理というAppleの理想は素晴らしいが、誰もが気軽に導入できるようにしないと加入者が増えず、その間に他社の追随を許すことになる。