ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

2021年のiPhoneはポートが廃止されワイヤレス充電のみに?iPhoneにUSB-Cが採用されない理由

iPhoneのポートが廃止?

2021年のiPhoneはLightningポートを廃止して、ワイヤレス充電のみになると、iPhoneの噂でおなじみのMing-Chi Kuoがレポートした。

Appleの独自規格である Lightningポートはいずれ廃止して、USB-Cに取って代わると思われていたが、このレポートが事実ならUSB-CはiPhoneに採用されないことになる。

理由を考察してみます。

f:id:tkan1111:20191209084228p:plain

Apple製品のポート事情

現在のApple製品は、LightningとUSB-Cのどちらかを内蔵している。

Lightning

  • iPhone 11 / iPhone 11Pro
  • AirPods / AirPods Pro
  • iPad / iPad Air
  • Apple TV

USB-C

  • iPad Pro
  • MacBook Air / MacBook Pro
  • iMac / iMac Pro
  • Mac mini

Macの全機種にはUSB-Cが内蔵されている。iPadは、無印iPadとiPad AirがLightningポートを、iPad ProがUSB-Cを内蔵している。

”Pro”仕様なデバイスにはUSB-C、標準機にはLightningという住み分けになっているようだが、今年発売のiPhone 11 Pro、AirPods ProはUSB-CではなくLightningを引き続き採用している。なぜだろうか。

大きすぎるインパクト

Lightningは2012年発売のiPhone 5に採用されて、すでに7年が経過している。iPhoneユーザーの多くが複数のLightningケーブルを所有している。ホテルなどLightningケーブルを常備している施設も多い。

iPhoneがLightningポートを廃止すれば、それらのケーブルが無駄になる。

小さいインパクト

Lightningを廃止して、USB-Cポートを採用するメリットはなんだろう。Micro USBからUSB-Cに代わるメリットのひとつである上下の区別がないことはLightningでも達成している。

USB-Cの大きなメリットは、USB PD (USB Power Delivery)だ。USB PDは、最大100Wまで受給電できる規格だ。「受給電」がポイントで、同じUSB-Cポートを使っても双方のデバイスによって受電と給電が決まる。USB-Cポートを充電器に繋げば受電されるし、別のデバイスに繋げば給電することができる。

iPhoneにUSB-Cを採用した場合、給電する相手はApple製品ならより小型なデバイスであるAirPodsになるだろう。ただ今年噂になったようにiPhoneに双方向ワイヤレス充電機能が内蔵されれば、ケーブルは不要になる。バッテリー容量が小さいAirPodsの充電は時間があまりかからないので、高速な充電ではなくても問題ない。双方向ワイヤレス充電機能は、Galaxyなど他のスマートフォンにすでに採用されている。

もうひとつのUSB-Cの大きな利点は急速充電だ。USB-C内蔵のスマートフォンでは2Aか1.5Aで充電できるデバイスが多い。

iPhone 8以降のiPhoneは急速充電に対応している「USB-C to Lightningケーブル」を使用すれば2.4Aで充電できる。

供給元がUSB-Cポートで、PDに対応したケーブルならiPhoneがUSB-Cを内蔵するメリットは小さい。iPhone 11 Pro付属の充電器は「18W USB-C充電器」に変更になっていて、急速充電できる。AirPods Pro付属のケーブルも「USB-C to Lightningケーブル」に変わった。

iPhone 11 ProとAirPods Proの充電器とケーブルは高速充電に対応していたので、本体にUSB-Cポートを内蔵するメリットが小さくなっている。「ProモデルにはUSB-Cを内蔵」ではなく「ProモデルはUSB-Cに対応」がAppleの方針のようだ。

ProモデルはUSB-C内蔵ではなく、USB-C対応

USB-Cを採用しなかったiPhone 11 ProとAirPods Proでも「USB-C to Lightningケーブル」を付属して、USB-Cのメリットである高速充電ができる環境を整えている。

給電しないデバイスならUSB-Cを内蔵しなくても、これで充分だとAppleは考えているようだ。そうなると、来年のiPhoneもLightningポートを継続する可能性が高い。

ただ、すべてのポートを廃止し、ワイヤレス充電だけになるのは疑問がある。ワイヤレス充電では高速充電が難しいからだ。iPhoneのワイヤレス充電の上限は15W。iPhone 11 Pro付属の充電器は18Wだ。

また、すべてのポートを廃止するとメンテナンス時に困ってしまう。ワイヤレス充電が更なる高速充電に対応するまでは、Lightningポートを継続すると考えられる。

 

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。