ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

推敲に最適なMacの読み上げ機能の使用方法

推敲は苦行?

小説は書き終わってもまだ完成しない。その後に何度も読み直して修正する「推敲」作業が必要だ。良い作品にするには、執筆よりも推敲作業の方が大事なほどだ。

この推敲作業が結構しんどい。何度も読んでいるとどこがおかしいかわからなくなるし、直しても直した箇所に誤字脱字が含まれていることもある。

これで完璧だと思っていても、他の人に読んでもらうと「誤字脱字がありますよ」とよく指摘される。困っていたところ、新たな画期的な推敲方法を教えてもらった。この方法だと誤字脱字がすぐに見つかるし、文の繋がりがおかしい箇所もわかる。

その方法をご紹介します。

音声読み上げ機能による推敲

その方法は音声読み上げ機能による推敲だ。自分の小説をMacに読み上げてもらい、聴きながら原稿を目で追うと、間違っている箇所がすぐにわかる。黙読よりも耳で聞いたほうが違和感にすぐに気づく。

Macの読み上げ機能だと読み上げてくれながら、読んでいる箇所をハイライトしてくれるので、間違っている箇所が見つかったら、すぐに修正できる。

Macで原稿を読み上げる方法をご紹介します。

読み上げ設定方法

  1. Macの「システム環境設定」を起動して「アクセシビリティ」をクリック
  2. 「読み上げコンテンツ」を選ぶ

    f:id:tkan1111:20210609082529p:plain

  3.  「システムの声」を選ぶ。日本語だと4種類から選べる。選択して「OK」を押すと、その音声がダウンロードされる。男女2名ずつで、男性がSiri(声1)とOtoya、女性がSiri(声2)とKyoko。Siriの方が滑らかな気がするが、筆者はKyokoを使っている。

    f:id:tkan1111:20210609082716p:plain

  4.  「選択項目を読み上げる」で「キーボードショートカット」を選べる。キーボードショートカットで読み上げ機能を立ち上げるので、やりやすいショートカットを選択しよう。デフォルトは「Option + Esc」。設定はこれで完了、ていうか設定しなくてもキーボードショートカットさえ覚えれば読み上げ機能は使える

    f:id:tkan1111:20210609082900p:plain

  5. 原稿にカーソルを合わせて、キーボードショートカットを押すと、コントローラーが表示されて読み上げがスタートする。ウサギとカメで読み上げ速度を調整できる。英語版だと、どんなグラフィックになっているんだろう。文章を選択していると選択した部分だけを読み上げてくれる。

    f:id:tkan1111:20210609083733p:plain
    読み上げている箇所の文章がハイライトされるので、どこを読んでいるかわかる。読み上げは結構滑らかで、間違いも少ない。句読点の間をもう少し空けてくれると、もっと聞きやすいかな

標準アプリでも十分

この読み上げ機能は、Mac標準機能なので、もちろん無料だ。読み上げはかなり滑らかで、聞いていてほとんど違和感がない。「IT」みたいに大文字の英単語、固有名詞は間違えやすい。ユーザー辞書に登録していても、反映されないようだ。

読み上げ機能による推敲作業は、目と耳で確認できるので、誤字脱字を簡単に見つけることができる。

小説だけではなく、文章を書く人はぜひ読み上げ機能を試してみてください。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。