ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

キーボードショートカットでiPhoneのアプリを起動する方法

キーボードでiPhone

iPhoneとキーボードで執筆するのが快適だ。最近は、Macの手前にMagic Keyboardを置いて入力している。

iPhoneでキーボードを操作しているときに便利なことのひとつが、キーボードからアプリを起動できることだ。キーボードショートカットにショートカットを割り当てることで、画面を触ることなく、アプリを起動できる。

その方法をご紹介します。

キーボードでiPhoneのアプリを起動する方法

設定方法は2ステップ。まずはアプリを起動する「ショートカット」を作成し、「フルキーボードアクセス」でキーボードショートカットにショートカットを割り当てる。

  1. iPhoneで「ショートカット」を起動する

  2. 右上の「+」をタップ
  3. 下部の検索窓に「Appを開く」と入力

  4. 「App」をタップして、起動するアプリを選ぶ

  5. アプリの名前を入力して、右上の「X」をタップ

  6. これでショートカットは完成

  7. iPhoneの「設定」アプリを起動
  8. 「アクセシビリティ」→「キーボード」→「フルキーボードアクセス」をタップ

  9. 「フルキーボードアクセス」を「オン」→「コマンド」をタップして、「Siriショートカット」の中から「ショートカット名」をタップ
  10. 好きなキーボードショートカットを入力して「完了」

  11. これで完成。この場合だと「⌥ Option+G」で「Google」アプリを起動する

あんまり増えると覚えられない

iPhoneはフル画面で1つのアプリしか起動できないので、他のアプリを起動するには、Spotlightでアプリ名を入力して起動するか、ホーム画面に移動する必要がある。

キーボードショートカットを設定すれば、画面を遷移せずにアプリをすぐに起動できる。

ただ、あまりたくさん割り当てるとわけがわからなくなるので、ほどほどにして本当に必要なアプリだけを設定しよう。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は高山環(たかやま かん)というペンネームで小説を書いています。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも0円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。