ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

新型MacBook Air予約開始。最適な構成を再び考える

新型MacBook Air発売!

7月8日、ついにAppleは新型MacBook Airの予約を開始した。構成にもよるが、発想は8月以降になっているようだ。実物を見てから、予約したいと考えている人も多いと思う。「よし! 買おう」と思ったときにすぐに予約できるように、最適な構成を決めておきたい。

 

チップ

最新のM2チップを選びたい。M1チップは安いけど、ボディも古いしMagSafe非搭載など、劣っている部分が目立つ。買うならM2チップで。

プロセッサ

プロセッサは、8コアGPUか10コアGPUが選べる。10コアGPUの方が性能はもちろん高いけど、その分16,000円高い。動画処理を頻繁に使う人以外は価格ほどの価値はないのでは。高性能が必要な人なら、クーリングファンを搭載しているMacBook Proを選んだ方がよさそう。

メモリ

メモリは8GBから24GBまで選べる。Appleチップ搭載マシンの8GBか16GBのどちらが良いかは、神学論争っぽいところまで発展していて、結論がでない。macOSは空きメモリを最大限使う仕様なので、メモリはあればあった方が良いのは事実。OSの起動なども早い。長く使うことも考えて、16GBにしたい。

ストレージ

256GBから2TBまで選べる。iCloudもあるので、256GBでも良い気もするが、気になるのは同時に発表された13インチMacBook Proの256GBは速度が遅いことが発覚していることだ。256GB版はフラッシュストレージチップが1つしかないらしく、どうやら半導体不足が影響しているようだ。上位版であるMacBook Proでも1つしかないなら、MacBook Airも1つしかないと考えた方がよさそうだ。ここは分解記事を待ちたいところだけど、今選ぶならチップが2つある512GBを選びたい。

電源アダプタ

30Wの標準アダプタ以外に、新開発のデュアルUSB-Cポート搭載35Wのコンパクト電源アダプタ、67Wの電源アダプタが選べる。

デュアルUSB-Cはプラス3,000円なので、そこまで高くはないが、この電源アダプタが謎で、用途がよくわからない。2つのポートがあるので、MacBook AirとiPhoneを同時に充電することも可能だが、それぞれ17.5Wずつしか給電されない。17.5Wでは使用中のMacBook Airを充電できないはずだ。iPhoneでMagSafe充電するには15Wが必要なので、17.5W給電するのはわかるけど、MacBook Air用に30Wは欲しい。デュアル電源アダプタにするなら合計50Wは欲しい。35Wではデュアル充電器にする意味は薄いので、30W標準の電源アダプタを選ぼう。

ちなみに10コアGPUを搭載したM2チップと512GB以上のSSDストレージを選んだ場合は電源アダプタは上位のデュアルか67Wに無料アップグレードされる。

キーボード

キーボードは日本語表記の他に、英語(UK)、英語(US)、中国語、韓国語キーボードなどが選べる。個人的にずっとUSキーボードを選んだので、ここは迷わない。UKキーボードも検討したけど、リセールバリューや、形状の違いを考えたら、やはりUSキーボードを選びたい。

220,800円!

  • チップ:M2チップ
  • プロセッサ:8コアCPU、8コアGPU、16コアNeural Engine
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:512GB SSD
  • 電源アダプタ:30W USB-C電源アダプタ
  • キーボード: 英語(US)

この仕様だと、価格は220,800円になる。MacBook Airで20万超えは高いと思うけど、円安の影響があるので仕方がないけど、やはり高い。個人的には、最近はiPhone + Magic Keyboardで作業することも増えたので、MacBookを新調する必要は薄らいでいる。

まずは、ハンズアウトレポートと実物を見てから、注文するか判断したいと思います。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は高山環(たかやま かん)というペンネームで小説を書いています。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも0円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。