ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

Amazonプライムデー開催。Amazonデバイス値引き率ランキング【2022年】

Amazonプライムデー開幕

年に一度のビッグセールスAmazonプライムデーが開催されている。さまざまな商品が安くなっているが、中でも値引き額が大きいのがAmazonデバイスだ。

値引率が大きいデバイスをランキングでご紹介します。

値引率ランキング

1位:Amazon Echo Dot(第3世代)1490円(75%)

今年のプライムデー値引率第1位は、Amazon Echo Dot(第3世代)だ。値引率は驚異の75%。ただ、昨年冬のブラックフライデーでも同価格だったので、そこまでのお値打ち感はない。

注意しなければいけないのは本商品は旧モデルということだ。新型で高音質の第4世代がすでに発売されている。今回は第4世代も大幅に割引されているので、あえて第3世代を買う旨味はあまりないかもしれない。

今回の第4世代のAmazon Echo Dotの値引率64%%で、第3世代と第4世代の価格差は700円。この価格差なら第4世代を選びたくなる。

第2位:Echo Dot (4th) 2180円(64%) 

値引率第2位は、第4世代Echo Dotだ。値引率は64%。昨年のブラックフライデーでは値引率50%だったので、値引き幅が増大して、価格も第3世代に近くなった。この価格なら旧世代から買い替えたい人もいるのでは。

第3位:Echo Auto 1980円(60%) 

値引率第3位は、Echo Auto。車載用のAmacon Echoだ。ブラックフライデーではなぜか値引きなしだったので、自動車にEchoデバイスを積みたい人にはベストタイミングだ。Echoデバイスとしては第3世代Echo Dotの方が安いので、車内でAC電源が取れる人は第3世代を買っても良いかと。

Echo Auto - スマホとの組み合わせで車の中でもAlexaを

第4位:Echo Dot (4th) with clock  2980円(57%) 

値引率第4位は、第4世代Echo Dot with clockだ。値引率は57%。こちらはデジタル時計表示付きのEcho dotだ。昨年のブラックフライデーでは値引率43%だったので、こちらも値引き幅が増大している。

時計表示付きはスタンダードモデルよりも1000円高いが、支払額が3000円を切ると買いやすい。

Echo Dot (エコードット) 第4世代 - 時計付きスマートスピーカー with Alexa、トワイライトブルー

第5位:Echo Show 5 (2nd) 3980 円(56%)

第5位は5インチディスプレイ付きのEcho Show 5だ。値引率は56%。昨年のブラックフライデーと同じ値引き額だ。

個人的にはリビングなど家族が集まる場所にはディスプレイ付きのEchoの方が良いと思う。フォトスタンド代わりになるし、テレビ電話にもなる。音楽をかけたときに題名と歌詞を確認できる。

ちなみに、Echoデバイスを初めて購入する方は、さらに1000円OFFになる。

【新型】Echo Show 5 (エコーショー5) 第2世代 - スマートディスプレイ with Alexa、2メガピクセルカメラ付き、ディープシーブルー

Echoデバイスが安い

今年のプライムデーで値引率が高かったのはEchoシリーズだった。このパターンは昨年のブラックフライデーと同様だ。ただ、第3世代Echo Dotは昨年と同価格なので、今回値下げした第4世代Echo Dotは相対的にお値打ちと言える。

それ以外では、KindleやFireシリーズも値引率40%前後で値引き額は高めになっていて、FIre HD 8はブラックフライデーよりも10%以上安い。

同じFire HD系でもFire HD 10はブラックフライデーよりも高くなっている。あと、気をつけたいのが、一番安いはずのFire 7はまさかの値引きゼロ。その結果、Fire HD 8の方がはるかに安い逆転現象が起きている。Fire 7はもう終売なのだろうか。

全Amazonデバイスの価格が、こちら。「2021BF」が昨冬のブラックフライデー時の価格、「2022PD」が今回のプライムデーの価格、赤字になっているのがブラックフライデーよりも値上げになった製品だ。

今回初登場のワイヤレスイヤホン「Echo Buds」の値引率は54%とかなり高い。5,980円ならワイヤレスイヤホンを持っている人も付け足しても良いかも。

Amazonブラックフライデーは7/13まで

Amazonプライムデーは7月13日(水)まで。Amazonデバイスは基本的に売り切れることはないが、買うのが遅いと納期が遅れる。ほしいデバイスがある人は早めに購入しておこう。

値段は確認しましたが、間違いがあるかもしれないので、Amazonサイトで必ずお確かめください。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は高山環(たかやま かん)というペンネームで小説を書いています。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも0円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。