ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

新型iPhone SE2が登場する6つの理由

新型iPhone SEが登場する理由

2020年初頭に新型iPhone SEが登場するという噂がある。Appleネタでお馴染みのMing-Chi Kuo氏がレポートしている。

小型スマートフォン「iPhone SE」は2018年にiPhone XR発売と同時に販売終了となった。片手で操作できる小型スマートフォンの需要は一定数あり、筆者も新型iPhone SEが登場すると予想する。

その理由を記します。

f:id:tkan1111:20191012095608p:plain

iPhone 11が標準機に昇格

昨年登場のiPhone XRは、ナンバリングモデルの廉価版というイメージだったが、今年はiPhone 11と名前を変え、こちらがナンバリングモデル=標準機となり、iPhone 11Proが文字通りプロモデル=上位モデルになった。

この変更により、廉価版iPhoneの位置を現在は旧モデルであるiPhone 8が担っているが、需要があるなら新モデルを開発してもおかしくない。

f:id:tkan1111:20191013102905p:plain

Appleの多モデル戦略

近年のAppleは、少数精鋭ではなく、多様な需要に対応するために、数多くのモデルを提供するようになっている。

iPadは4モデルあり、サイズがほとんど変わらないiPad AirとiPadを併売している。

f:id:tkan1111:20191012100912p:plain

Macは6モデル。MacBook AirとかぶっていたMacBookは販売停止になったが、ノートブック、一体型、デスクトップ型それぞれに標準機と上位機が用意されている。Macの市場はスマートフォンよりもかなり小さいにもかかわらず、Appleはこのラインナップを維持している。

f:id:tkan1111:20191012101019p:plain

スマートフォン市場が停滞している中、少しでも売り上げを伸ばすために、小型スマートフォンを復活させる多モデル展開は現実味がある。

カメラの数

今年登場のiPhone 11は2カメラ、iPhone 11Proは3カメラと、一台当たりのカメラの数が増えている。そのため現行iPhoneでシングルカメラ搭載のiPhoneがなくなっている。

スマートフォンでカメラ撮影のニーズは高いが、撮影用にデジカメを携帯する層も一定数いる。そういった人にはスマートフォンに高性能なカメラは不要だ。

シングルカメラのiPhoneとして、iPhone SEが復活してもおかしくない。

f:id:tkan1111:20191012102454p:plain

Touch ID

iPhone 11、iPhone 11ProはFace IDを搭載し、Touch ID搭載の現行モデルは存在しない。Face IDにはフルディスプレイのメリットはあるが、マスクをしていると使えない、持ち上げないと反応しないなど、Touch IDが優れている面もある。

Proモデル以外のiPadにもTouch IDを搭載するモデルが現存しているので、iPhoneでもTouch ID搭載モデルがあってもおかしくない。

f:id:tkan1111:20191012102811p:plain

iPhone 8の人気

旧モデルであるiPhone 8は5万円台と比較的安価なこともあり、今でも人気モデルだ。iPhone XRから値下げしたとはいえiPhone 11は74,800円からと、まだ高価だ。それほど性能を求めていないユーザーには5万円前後のモデルはありがたい。

f:id:tkan1111:20191012103713p:plain

Apple arcade

スマートフォンの売上高が伸びなくなっている現状、Appleはサービスに力を入れている。定額制ゲームサービスである「Apple arcade」もまもなく始まる。

Apple arcadeはAppleデバイスでしか動作しないので、サービスを拡販するためにはAppleのデバイスを広める必要がある。

気軽に買い換えることができる安価な新型iPhone SEはAppleのサービス拡販に貢献するだろう。

新型iPhone SE登場の可能性は高い

iPadで4モデル、Macで6モデルを販売する近年のAppleの多モデル展開を考えると、もっとも売り上げが大きいスマートフォンで2モデルというのはバランスが悪い。

スマートフォンの需要を喚起するためにも小型スマートフォンの発売は十分ありえる。

イベントではなく、年内または来年初頭にサイレントローンチで登場する可能性もあると思う。

 

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。