ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

テレワークを成功させるために必要な6つのこと。バルコニー勤務と切り替えスイッチの勧め

テレワークに必要な事

新型コロナウィルスの感染防止のために、在宅勤務が推奨されている。この騒動を契機に初めてテレワークを開始した人もいるだろうし、検討している企業も多いと思う。

テレワークに必要なことを列記しておきます。

f:id:tkan1111:20200326102713p:plain

社内ネットワークへのアクセス

企業のシステムがどの程度の規模かによるが、社内サーバーにサービス・データをもつ企業の場合、自宅回線から社内ネットワークへのアクセスは必須になる。以前はVPNが主流だったが、最近ではVMWareなどの仮想化環境を用いる企業が増えている。

管理者としては大事なのはセキュリティだ。ウィルス騒動でテレワークしているのに外部から社内システムにウィルスを持ち込まれては洒落にならない。

f:id:tkan1111:20200326102751p:plain

Web会議システム

在宅勤務と社内勤務の最大の違いはコミュニケーションだ。横に座っていればすぐに話しかけられるが、在宅勤務ではそうはいかない。そのために、オンラインコミュニケーションが重要になる。SlackやSkypeなどの電話・チャットシステムが必要になる。

Web会議をおこなうならカメラでのビデオ会議が良い。喋るだけなら電話でも良さそうだが、顔が見えるかどうかでコミュニケーションの濃密度が全然違う。

テレビ会議では、相手の空気が伝わりづらく、複数の人が同時に喋り収集つかなくなることがある。発言者を指名する司会者を決めておくとスムーズに進行する。

f:id:tkan1111:20200326102820p:plain

部屋

日本の住宅事情では、自宅で働く場所がない人も多いと思う。Web会議が多いと、家族がいる部屋では難しいし、書斎などが自分の部屋がない人もいるだろう。

そういう人にお勧めなのが「バルコニー」。そんなに広いバルコニーがないと言う人でも、ノートPCと椅子が置けるスペースぐらいはあるはずだ。

騒音が気になるが、指向性のマイクを使えば、外部の音をそこまで拾わない。ちょうど春なので、気分転換にもちょうど良い。

f:id:tkan1111:20200326102918p:plain

ノートPC

別段ノートPCではなくてもデスクトップPCでもよいのだが、書斎など固定された部屋がないなら、移動できるノートPCの方が便利だ。ネットワークさえあれば、どこでも仕事ができる。

仕事内容によるが仮想化環境が用意されているなら、そこまでのスペックは不要だ。

f:id:tkan1111:20200326103002p:plain

自宅回線

ITにどっぷり使っている人なら、自宅に高速回線が敷いているのは当たり前だが、一般の人で自宅に回線がない人も結構いる。IT企業でも経理や総務のようなバックオフィス部門だと自宅回線がない人も多い。在宅勤務を推進する担当者なら、社員宅の回線調査をした方が良い。

モバイル回線だとパケット使用料が心配だし、ネットワークも不安定になりがち。光回線を用意した方が良いし、社員にテレワークを推進するなら補助も考えないといけない。

f:id:tkan1111:20200326103034p:plain

自分ルール

自宅で働くと、どうしても気持ちが緩みがち。長期間テレワークが続くと、プライベートと仕事の区別がつかなくなる。

  • 朝同じ時間に起きる
  • 着替える
  • 場所を変える
  • 家事の時間を決める

などの自分ルールを決めておくとよい。

通勤がないと起床時間が遅くなりがちになるが、起きる時間は変えない方が良い。

ビデオ会議がないと1日パジャマでいたり、ビデオのときだけ上着を羽織ったりしがちだけど、毎日きちんと着替える事で仕事モードに切り替えることができる。

場所も大事。自室かバルコニーなど、普段リラックする空間から移動した方が仕事モードに入りやすい。場所を変えられないなら、パソコンの置く場所を変えるとか、普段つけっぱなしのテレビを消すなど、仕事をする環境を決めておいて、始業時間になったらその環境にチェンジすると良い。

在宅勤務のメリットのひとつが、ちょっとした家事なら日中にできてしまうことだ。とは言っても、テレワークは仕事をするためのもの。在宅勤務中は一切の家事を禁止している企業もあるが、自宅にいればどうしても家事をしたくなる。仕事をしながら家事するとプライベートの境界が曖昧になり、仕事がルーズになりがち。1時間に5分とか休憩時間と家事の時間を決めて集中して作業をすると良い。

f:id:tkan1111:20200326103103p:plain

テレワークのコツは切り替え

テレワークで成果を出すためには、仕事とプライベートのコツをどのように切り替えるかが大事だ。頭では切り替えているつもりでも、同じ場所、同じ格好で作業をしているとどうしても境界は曖昧になってくる。

場所や服装などで切り替えるスイッチを作ることで、仕事モードに入れるようにしよう。

慣れてくると、ルーティンができ、いつでも仕事に没入できるようになる。

 

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。