ITと小説

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです by 高山環

MENU

最近の執筆環境。iPhoneとAnkerのワイヤレスキーボードのコンビは最高【2022年】

最近の執筆環境

ブログも毎日書いているけど、小説も大体毎日書いています。ブログは画像を添付したり調べ物をしたりするので、Macbook Proで作成します。

小説の執筆にもMacはもちろん使えるけど、集中力が豆腐より柔らかい筆者はMacだとついついTwitterのタイムラインやYouTubeで動画を観てしまい、時間を無駄に費やしてしまう。

そこで、集中して執筆するときはiPhoneを使っている。

最新の執筆環境をご紹介します。

Ankerのキーボード+スマホスタンド

2022年現在、Ankerの「ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード」にiPhoneを接続して執筆している。トラックパッドがないのは残念だが、値段は安価で(2,000円。2022/03/21現在)、打鍵感もまずまず。ゴム足が柔らかく強く打鍵すると、キーボードがたわむ感じがするのが少し気になるが、そこまでの支障はない。

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード iOS/Android/Mac/Windows対応/長時間稼働 ホワイト テレワーク リモート 在宅勤務

執筆風景は、こんな感じ。MacBook ProをiPhoneの後ろに置いているのは資料を参照するため。電子辞書で語句を調べるときもMacBook Proを使う。

f:id:tkan1111:20220322085651p:plain

iPhoneを載せているスマホスタンドは別のワイヤレスキーボードに付属していたもの。小さくて軽いので常用している。3種類の角度に調整できる。それぞれの角度が刻印されているのは珍しい(60°、68°、75°)。一番ゆるい角度である60°よりも、後ろのくぼみにスタンドを立てることができるので、実際は5段階。畳むと非常にコンパクトになる。iPhoneを載せると、スタンドが見えないのもよい。

f:id:tkan1111:20220322090041p:plain
f:id:tkan1111:20220322090216p:plain

トラックパッドが付属していたら

Ankerのワイヤレスキーボードはホームボタンがあるので、iPhoneの画面を触れる頻度が少なくて済む。これでトラックパッドがあれば最高なんだけど。いっそのことiPad AirとMagic Keyboardをあわせて使ったほうが良いかも。

そろそろMacBook Proも買い替えたいし、検討を続けたいと思います。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。