ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

「集中モード」の使い方を徹底解説【iOS 15】【iPad 15】【watchOS 8】【macOS】

新機能「集中モード」

今年Appleが公開した最新OSの目玉のひとつが「集中モード」だ。iPhone用のiOS 15だけではなく、iPadOS 15、watchOS 8、macOS「Monterey」にも搭載されて、ひとつのデバイスで集中モードに移行すれば、同じiCloudアカウントでログインした他のAppleデバイスも連動して集中モードに入る。

集中モードについて解説します。

f:id:tkan1111:20210930093704p:plain

「集中モード」とは?

名前の通り、作業に集中するために通知や使用できるアプリを制限するモードだ。英語では「Focus」と呼ばれる。過去のOSには「集中モード」に似た「おやすみモード」「睡眠モード」があったが、この2つのモードも「集中モード」の一部に取り込まれた。

今回は「おやすみモード」だけではなく、「仕事」や「プライベート」など自分でモードを作ることができるので、仕事用の設定とプライベートの設定を分けることができる。

通知の制御

集中モードで制御できるのは、まずは「通知」。「集中モード」をオンにすると「通知」が届かなくなる。集中モード中でも連絡が欲しい連絡先は別途設定できる。

デフォルトでは、電話は「すべての人」の着信が許可されている。設定を変更して「誰も許可しない」「よく使う項目」など電話の着信も制限できる。

f:id:tkan1111:20210930085217p:plain
f:id:tkan1111:20210930090122p:plain

通知を許可するAppも設定できる。LINEだけは通知を受け取るなどアプリ毎に受け取る通知を制御できる。

f:id:tkan1111:20210930090302p:plain

オプション

通知以外でも、ホーム画面の表示などを制御できる。

f:id:tkan1111:20210930091530p:plain

集中モード状況

「集中モード状況」をオンにすると、メッセージを送ってきた相手に「通知が知らされないようになっている」ことが表示される。メッセージを送ったのに返信がないとムッとされることはないが、集中モードを使っていることがバレるので、設定には注意が必要。

f:id:tkan1111:20210930091020p:plain

ホーム画面

ホーム画面では、通知バッジを非表示にするかどうかが選べる。アイコンに数字が表示されると気になる人はオフにしておこう。「ページをカスタマイズ」をオンにすると、表示するホーム画面のページが選べる。「仕事用」と「プライベート用」のホーム画面を作成しておけば、集中モードに合わせて操作できるアプリを選択できる。iOS 15から同じアプリのアイコンを複数のホーム画面に置くことができるようになったので、「仕事用」と「プライベート用」のホーム画面の両方に同じアプリのアイコンを置くことが可能になった。

f:id:tkan1111:20210930091635p:plain
f:id:tkan1111:20210930092002p:plain

ロック画面

「ロック画面を暗くする」をオンにすると、ロック画面が暗くなり、集中しやすくなる。Face ID搭載のiPhoneだと画面を注視するだけで画面が明るくなるのを防げる。

「ロック画面に表示」をオンにすると、集中モードの制御によって「知らされなかった通知」がロック画面に表示される。

f:id:tkan1111:20210930092342p:plain

自動的にオンにする

「時刻」「場所」「App」によって、自動的に「集中モード」をオンにできる。スマートアクティベーションをオンにすると、iPhoneが位置情報などからどのモードに入るべきか自動的に判断して、集中モードをオンにする。例えば、夕方自宅にいると、オンになったりするようだ。色々テストしたけど、うまく移行しなかったが。

f:id:tkan1111:20210930092601p:plain
f:id:tkan1111:20210930092619p:plain

睡眠モード

「睡眠モード」だけは特別で、ヘルスケアの「睡眠」と連動していて、就寝準備時に「睡眠モード」をオンにしたり、スケジュールを確認できたりできる。ここで変更したスケジュールはヘルスケアの睡眠にある就寝時刻と起床時刻も変更される。

f:id:tkan1111:20210930093225p:plain

色々活用できそう

設定をカスタマイズすれば、「集中モード」は色々と活用できそうだ。例えば「仕事モード」と「パーソナルモード」用のホーム画面を設定して、仕事用のホーム画面には仕事用のアプリとWebのショートカットだけで埋めれば効率的だ(そう、Twitterのアイコンなんて置かずにね)。

iPhoneで「集中モード」をオンにすると、Apple Watch、iPad、Macでも同様にオンになるので、どのデバイスでも同様の環境で作業できる。

新しいモードなので戸惑う人もいると思いますが、色々と自分のライフスタイルに合わせて試してみよう。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。