ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

新型iPhone 13が常時点灯ディスプレイを搭載する理由と背景

iPhone 13に常時点灯ディスプレイ?

新型iPhone 13に常時点灯ディスプレイを搭載すると噂が流れている。iPhoneの画面をオフにしても時刻や日付だけを表示する機能だと思われる。その真偽を考えます。

f:id:tkan1111:20210216084838p:plain

引用:iPhone Hacks

Apple Watchに採用されているLTPO

Apple Watch Series 5とSeries 6には「常時点灯」機能が搭載されている。

両モデルは常時点灯を実現していて、いつでも画面を確認できるようになった。常時点灯機能を最初に採用したApple Watch series 5は、「いつでも時間を確認できる!」と腕時計なら普通の機能をPRしていた。

両モデルは低温ポリシリコン酸化物(LTPO)ディスプレイを搭載している。LTPOは「Low Temperature Polycrystalline Oxide」の略で、低温ポリシリコンと消費電流の少ないTFTを使うことで、画面をリフレッシュする消費電力を節約することができる。

f:id:tkan1111:20210216085648p:plain

iPhoneに採用される可能性は?

Apple Watchに使われているLTPOディスプレイがiPhoneに採用される可能性があるのか? 噂によると、韓国のLGディスプレイがLTPOディスプレイを量産する体制を整えているそうだ。

iPhoneのディスプレイが他の高性能スマホに遅れている機能が他にもある。リフレッシュレート120Hzディスプレイだ。液晶のiPad Proでは実現しているが、OLEDのiPhone 12シリーズでは実現が見送られている。

 LGの新しいディスプレイを採用すれば省電力になるので、120Hzリフレッシュレートも実現できる。

常時点灯と120Hzリフレッシュレートを実現するためにLGの新しいディスプレイを採用する可能性はありそうだ。

iPhoneの常時点灯機能は意味がある?

iPhoneが常時点灯できるようになると、何が便利になるのだろうか。まず思いつくのは時計機能だ。現状のiPhoneは持ち上げるとディスプレイ全体が点灯し時刻を確認できるが、夜間は眩しいし消費電力も大きい。常時点灯していれば、持ち上げなくても時刻を確認できるし、眩しくもならない。机に置いたままでも時刻を確認できれば置き時計がわりに使える。

他にも通知を確認できるメリットもある。現状のiPhoneは通知が届くと画面が点灯するので、少し眩しい。

持ち上げないと真っ黒なのっぺりした板でしかないiPhoneが常時点灯していれば見栄えも良い。

便利だと思う

iPhoneに常時点灯機能が搭載されればかなり便利だと思う。iPhoneで時刻を確認している人も多いと思うので、常時点灯するようになれば持ち上げる手間がなくなる。

Apple Watchも常時点灯機能がついて、腕時計として一人前になったと購入した人もいる。iPhoneにも常時点灯機能が搭載されるのを期待して待つことにします。

 
IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。