ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

【イベント直前】新型iPhoneのスペックを予想。トリプルカメラと双方向ワイヤレス充電搭載の可能性は高い

毎年恒例iPhone祭り

9月10日のイベントで、まず間違いなく新型iPhoneをAppleは発表する。例年通り様々な噂や流出画像が飛び交っている。

噂を元に新型iPhoneを予想してみます。 

f:id:tkan1111:20190909101922p:plain

名称

新型iPhoneの名称は、「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」といわれている。iPhoneは隔年でナンバリングを変更するので、今年はナンバーがひとつあがり、iPhone 11となるのは妥当だ。

今回の大きな変更点は、iPhone XRの後継機がiPhone 11になること。廉価版的扱いだったiPhone XRを標準モデルに昇格させて、同時にiPhone 11 Proという上位版をもうけることで売上を伸ばす戦略だろう。

iPhone 11 Pro Maxの名称はさすがに長い気もするけど。

「Max」は特殊な機能がない大画面モデルをさす名称なので、今回も大画面モデルだけの機能はないと思われる。

  • 名称:「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」

モデル

今回も3モデル。サイズ差も昨年と変わらない。iPhoneのサイズは完成されていて、変更する余地がない。これ以上大きくしても片手で操作できないし、MaxモデルはiPadのサイズに近づいてしまう。

  • モデル:昨年と同じ3モデル

ディスプレイ 

昨年と同様だと予想する。iPhone 11が昨年の液晶からOLEDに変更する可能性もあるが、上位機であるiPhone 11 Proとの差別化のために液晶を維持すると考える。

  • ディスプレイ:昨年と同様iPhone 11のみ液晶モデル

チップ

例年同様、アップデートされて、今年はA13 Bionicが搭載されるだろう。強化されたA13のパワーは、ARとAIに活用され、iPhone 11 Proの一番の特徴となるトリプルカメラの画像処理に力を発揮すると思われる。

  • チップ:A13 Bionicを搭載

f:id:tkan1111:20190909102044p:plain

デザイン

大幅な変更はないだろう。フルディスプレイのボディは変更する余地がほとんどない。

細かい変更点として、背面のAppleロゴが中央に移動すると言われている。双方向ワイヤレス充電できる場所を示すために、妥当な変更だ。

もうひとつのデザイン変更はカラバリだ。イベントのロゴはカラフルなAppleロゴで、iPhone XRにはない緑と紫が使われている。iPhone XRにはあるオレンジが使われていないなどロゴとiPhone XRのカラバリの繋がりは薄そうだが、不人気な色が減らされ、新色が追加される可能性はある。

紫はSONYのイメージが強いので、グリーンが追加されると予想する。

  • デザイン:大きな変更はなし。背面のAppleロゴが中央に。iPhone XRにはグリーンの新色を追加

f:id:tkan1111:20190830072225p:plain

f:id:tkan1111:20190909104115p:plain

カメラ

今年のiPhoneの一番の目玉と言われているのが、iPhone 11 Proシリーズに追加されるトリプルカメラだ。望遠、広角に加えて超広角レンズが追加される。3つのレンズで撮影した画像を加工し、より鮮明な画像を残すことができる。他機種にはすでにトリプルカメラを搭載しているモデルもあるので、今年のiPhoneがトリプルカメラを搭載するのは妥当だ。

iPhone 11にはiPhone XSのようにデュアルカメラを搭載する。iPhone XRのシングルカメラでも「ボケ」の撮影はできたが、シングルカメラのスマートフォンも減ってきたので、今年のアップデートはやはり妥当だ。

  • カメラ:iPhone 11 Proシリーズは超広角レンズを搭載、iPhone 11はデュアルカメラに

充電機能

新型iPhoneは、双方向ワイヤレス充電機能が追加されると噂されている。

ワイヤレス充電モデルが追加されたAirPodsだが、iPhoneと同時にワイヤレス充電するためにはふたつの充電器を用意しないといけない。iPhoneでAirPodsを充電できれば、ワイヤレス充電器はひとつで十分になる。

現在のApple Watchは専用の充電器が必要で、出張や旅行時の充電に苦労した。iPhoneでApple Watchが充電できれば、外出時にApple Watchの充電器を持ち歩かなくても良くなる。

今年のApple Watchは睡眠トラッキング機能が目玉のひとつと言われている。睡眠トラッキングにApple Watchを使うためには就寝時以外に充電しないといけない。双方向ワイヤレス充電機能があれば、ちょっとした空き時間でもApple Watchを充電できる。

  • 充電機能:双方向ワイヤレス充電機能を搭載

認証

噂によると、Face IDが進化すると言われている。iPad Proに搭載のFace IDは横向きでも反応する。新しいiPhoneには、この進化版Face IDを搭載すると予想する。

Samsungなどが搭載しているディスプレイ内蔵のTouch IDは2020年のiPhoneに搭載すると言われている。個人的には、画面を見ないといけないFace IDよりディスプレイ内蔵のTouch IDをはやく実現してほしいが。

  • 認証:進化型Face IDを搭載

価格

iPhoneは年々値上げしてきた。今年もトリプルカメラを搭載し、さらなる値上げを行う可能性が高い。ただ、高価格化が進むiPhoneへの批判も強く、買い控えも進んでいる。とは言え、iPhoneの総売上を増やすために、AppleはiPhoneの値上げを行うに違いない。値上げ幅は、日本円で一万円ぐらいだろうか。

値上げすると、買い替えを躊躇する人も増えるが、そういう人のためにiPhone 8を併売すると思われる。

  • 価格:一万円の値上げ

まとめ

  • 名称:「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」
  • モデル:昨年と同じ3モデル
  • ディスプレイ:昨年と同様iPhone 11のみ液晶モデル
  • チップ:A13 Bionicを搭載
  • デザイン:大きな変更はなし。背面のAppleロゴが中央に。iPhone XRにはグリーンの新色を追加
  • カメラ:iPhone 11 Proシリーズは超広角レンズを搭載、iPhone 11はデュアルカメラに
  • 充電機能:双方向ワイヤレス充電機能を搭載
  • 価格:一万円の値上げ

噂を元に、新型iPhoneを予測してみた。背景を考えると、トリプルカメラと双方向ワイヤレス充電機能搭載の噂は妥当だと思う。

この予測が当たれば、iPhoneで撮影する機会が多い人、ワイヤレス充電機能付きAirPodsとApple Watchを持っている人には、魅力的なモデルとなるだろう。

買い替えるまでの魅力があるかどうか、隠し玉の新機能があるか、イベントでの発表を注視したい。

 

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。