ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

iPhone XからiPhone 12 miniに買い替えて気づいた8つのこと

3年ぶりの新型iPhone

3年ぶりに新しいiPhoneを買った。買ったのは「iPhone 12 mini」。

iPhone 3GSからiPhone Xまでは毎年買い替えていたけど、iPhone XSはiPhone Xとほとんど変わらず、iPhone 11 Proは重過ぎたので買い替えをスキップした。基本的に小さい携帯電話が好きで、以前はpreminiをずっと使っていたし最近はRakuten miniを併用している。

iPhone SEも良かったけど、フルディスプレイに慣れるとホームボタンには戻りづらい。

そこに登場したのがiPhone 12 mini。小型でフルディスプレイ、標準モデルと変わらない性能はまさに理想的なモデル。望遠レンズと3D Touchがなくなるのは気になったけど、先週予約して昨日届いた。

1日触って気づいた点をご報告します。

f:id:tkan1111:20201114101307p:plain

 箱が薄い

知っていたけど箱が薄い。薄くなった要因は充電器がなくなったからだ。同梱されているのはUSB-C to LightningケーブルとAppleシールなどのみ。USB-C充電器はそんなに多く持っていないので同梱してくれた方が嬉しかったけど、自分の好みの充電器を買った方がいいかな。

f:id:tkan1111:20201114081218j:plain
f:id:tkan1111:20201114081555j:plain

思ったほど大きさは変わらない

iPhone 12 miniの方がiPhone Xより2.1mm短く、6.7mm細く、0.3mm薄い。iPhone 12 miniの方が一回り小さいはずだが、少し触ったらすぐに慣れた。小さいことは小さいんだけど、小さくなった感じはあまりしないし、画面も文字の小ささも気にならない。

片手操作はやりやすくなった。持ち替えなくても上部のアイコンまで触わることができる。ただ、思ったよりも便利になった感じはしない。フルディスプレイだと画面一番下のホームバーを触れないといけないので、親指が下部に届くように本体の下の方を握る必要がある。そのポジションから上部を触れるのはiPhone 12 miniのサイズでもちょっと辛い。

重量はiPhone 12 miniの方が39g軽い。軽さは実感できる。ただ、慣れてしまう。今まではiPhone Xを裸で使っていた。最初なので15gのケースを12 miniに装着しているが、そうなると裸のiPhone Xの差はほとんど感じられない。

サイズもそうだけど、重さもすぐに慣れてしまうようだ。

f:id:tkan1111:20201114082330p:plain
f:id:tkan1111:20201114082424p:plain

カーソル移動には慣れが必要

iPhone 12 miniがiPhone Xより劣っていることの一つは3D Touchがないことだ。アプリのショートカットとしての3D Touchは長押しに代替できるので、すぐに慣れたが、問題はカーソル移動。

iPhone Xだとキーボードのどこを強押ししてもカーソル移動モードになるが、iPhone 12 miniではテンキー部分を長押ししてもフリック入力になるだけで、カーソル移動モードにはならない。カーソルを移動させるには「空白」を長押ししないといけない。

ちょっと慣れが必要だ。

f:id:tkan1111:20201114082134p:plain

Face IDが爆速

3年の間にFace IDの性能が改善されて、顔認証の精度が高く反応も早くなった。iPhone XでもiOS 12あたりから反応は早くなったけど、iPhone 12 miniはもっと早い。画面をタップした瞬間に認証されているので、タップ即ホームバーを上にスワイプすることでiPhoneが使えるようになる。

買い替えて最も便利さを実感できたのが、このFace IDの改善だ。

キビキビした動作

iPhone Xでも動作が遅いと感じることは少なかったけど、iPhone 12 miniに触れると高速になったことが実感できる。画面の切り替えやカメラの起動でキビキビした気がする。

高性能カメラ

こちらも変化を実感できる。オートフォーカスが高速で、瞬時に顔を認識する。ポートレートのボケも的確になって、人物だけではなく物や動物にも使える。

驚いたのはナイトモード。暗がりだと自動的にナイトモードが起動し、シャッターを押すと2秒から5秒程度そのまま待つと光源が少ない場所でも撮影できる。三脚を使わなくても手持ちでもブレないのがすごい。

超広角より望遠

iPhone Xもデュアルカメラだったけど、iPhone 12 miniは望遠ではなく、超広角レンズを搭載している。超広角レンズで今までにない面白い写真が撮れるのは楽しいが、普段使いには望遠の方が良い。少し遠い被写体に1タップで気軽に2倍の望遠が使いたいことは多い。写真に自分の影を入れたくない時にも望遠が使える。

ただ、iPhone 12 miniはデジタルズームが簡単にできるのが良い。「1x」をスワイプすれば倍率がリニアに変えられるのは便利だ。

f:id:tkan1111:20201114093153p:plain

ワイヤレス充電できる範囲が狭い

MagSafe搭載の影響かわからないが、ワイヤレス充電できる範囲が狭まった気がする。MagSafeならマグネットで密着するので問題ないが、普通のワイヤレス充電の場合はズレたら充電できない。フラット型もスタンド型もiPhone Xの時よりも充電できる位置がシビアな気がする。MagSafe充電器を買わせようとしているわけじゃないだろうけど、充電するのに神経使う。

おまけ:冷蔵庫にはくっつかない

マグネット充電できるMagSafe。冷蔵庫やバスルームの壁にくっつくと思ったけど、全然無理。磁力は弱いし、カメラが出っ張っているので冷蔵庫に密着しない。磁石だったらくっつくかもしれないけど、まだ試していない。

小型スマホ好きなら買うべき

凝縮した機能、持ち歩いても邪魔にならない大きさ、小型で高性能なスマホが好きな人は多いと思う。そういう人にはiPhone 12 miniは最適なデバイスだと思う。

Appleの小型モデルは毎年モデルチェンジするとは限らない。初代iPhone SEは4年間モデルチェンジしなかった。iPad miniは2年毎、Mac miniは10年間ボディデザインを変えていない。

来年発売のiPhone 13の噂が出てきているので、買い替えに躊躇するかもしれないが、来年iPhone 13 miniが出る保証がどこにもない。欲しいなら買ってしまいましょう。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。