ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

iPhone 13は重くなる? 新型iPhoneに関する噂の真偽を確かめる

iPhone 13の噂

Appleが新商品発表イベントの開催が発表されて、新型iPhone 13の期待が高まっている。いつもの通り、iPhone 13に関する様々な噂が流れている。

噂の真偽を考えてみます。

f:id:tkan1111:20210909081452p:plain

バッテリーが増えて重くなる?

iPhone 13はバッテリーが増えて重くなる噂が出ている。iPhone 12でデザインが大きく変わったので、iPhone 13のデザインはマイナーチェンジにとどまるだろう。

iPhone 12でバッテリー持続時間が問題になったのは、小さいボディであるiPhone 12 miniだ。

1日使うには、iPhone 12 miniのバッテリーは少々心もとない。iPhone 12 miniは、iPhone 12と同じ厚さ。同じ厚さを維持してバッテリーを増量するなら、iPhone 12も分厚くするしかない。ケースを使わないでiPhoneを使う人は少数派なので、わずかな重量増を気にする人は少ないだろう。

逆にiPhone 12 mini以外のバッテリーはそこまで大きな問題になっていないので、Proシリーズの厚さと重さは変わらないのでは?

f:id:tkan1111:20210909073547p:plain

Proシリーズのリフレッシュレートがアップグレード

iPhone 12 Proシリーズのリフレッシュレートが、120Hzにアップグレードされるという噂がある。iPad Proにも採用されているので、昨年も同じ噂が出ていた。高いリフレッシュレートは他のスマホにも使われているトレンドではあるが、課題はバッテリー持続時間。高いリフレッシュレートを実現するために、Proのバッテリーも増量されるかも。

カメラ性能の向上

iPhoneのカメラ性能は毎年向上しているので、今年も何らかの改善されるのは間違いないだろう。今年上がっている噂は、イメージセンサーのアップグレードと新しい手ぶれ補正、ゴーストの改善だ。どれもありそう。イメージセンサーのアップグレードは毎年実現されているので、今年も行われるに違いない。

手ぶれ補正はあまり気にした事ないが、夜間に撮影できるナイトモードだと流石に手ブレが目立つ。改善される可能性はありそう。ゴーストは現在のiPhoneの一番大きな問題だ。ただ、どうやらiOS 15でゴーストの自動消去が実現するらしいので、ハードウェア的に対処されるのかは不明。

センターフレーム機能

M1チップ搭載のiPad Proに採用されたセンターフレームは、テレビ電話時に話者を中心に撮影する機能だ。iPadに搭載された機能がiPhoneに使われるのは今までもおこなわれてきた手法なので、新型iPhoneにセンターフレーム機能が採用される可能性は高いと思う。

ただ、センターフレーム機能はM1チップ限定の機能だ。iPhoneにはM1チップは搭載されていないが、センターフレームなどの新機能を搭載するためにiPhone 13 ProシリーズにM1チップが搭載されるのだろうか。同じナンバリングのiPhoneに別のチップを搭載した事例は過去にないはずだ。

ProだけにM1チップを搭載されたら(ひょっとしたらM2チップ?)、今までよりもProの差別化は進むことになるだろう。

新色の追加

デザインが変更された翌年のiPhoneの外観は大きく変更されない。今年のiPhone 13のデザインは変更されず、代わりに新色が追加されることはあり得るだろう。噂ではサンセットピンクやオレンジ、ブルーの追加が噂されている。

イベントの招待状の色からすると、ピンクの採用はあり得るかと。

カメラ位置が変更?

iPhone 13でのカメラ位置が、従来の縦配列ではなく斜め配列になる噂がる。カメラレンズが大型化し、縦に並べられないためだと言われている。イメージセンサーの大型化に伴いレンズも大きくなるのは必然だ。

デザインが大きく変わった翌年としては、妥当なデザイン変更だろう。

Touch ID

マスク姿が当たり前になって、画面内指紋認証への期待が高まっているが、iPhoneには採用されないと予想する。AppleはFace IDにご執心だ。Apple Watchと連動してマスク姿でもアンロックできるようした。Face IDは、iPadだけではなくおそらく今後はMacにも使われることになるので、Face ID廃止の方向へ進むとは考えづらい。

Face IDを活かすために、コストをかけてTouch IDを復活させることはないのでは。Face IDとTouch ID両方を採用した場合、アンロックのオペレーションが煩雑になる。指を画面に置いて、顔面をセンサーで読み取るのを同時に行う? Appleが好むアプローチとは思えない。

ノッチの小型化

Touch IDが採用されない一方で、ノッチは小型化すると言われている。Face IDを維持するためにはカメラとセンサーを内蔵するノッチは必須だが、フルディスプレイを目指すAppleが、小型ノッチを採用するのは十分にあり得る。

性能向上はわずか?隠し球があるのか?

iPhone 13の噂を並べてみたけど、あまり目立った新機能はなかった。特に無印iPhoneの方は、バッテリー増量以外目立った噂が出ていない。

噂通りだとiPhoneの改良は行き詰まっていると言われかねない。何か隠し球の新機能があるのだろうか。

誰も想像できない新しい機能を期待したい。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。