ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

今年はiPhone 13 Proを選んだ方が良い7つの理由

iPhone 13 ProとiPhone 13

今年のiPhone 13も「iPhone 13」「iPhone 13 mini」「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro Max」の4モデルが発売された。

使っているiPhoneが古くなったから買い替えようと思っても、4つもあるとどれにするか迷うところだが、今年買い換えるならiPhone 13 Proが良いと思う。

iPhone 13 Proを推す理由を7つ挙げます。

カメラ性能がiPhone 13 Pro Maxと同等

昨年モデルではiPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxではカメラ性能が違った。iPhone”最強”のカメラを選ぶならiPhone 12 Pro Maxを選ぶしかなかったが、Maxはかなり大型なので、選びづらかった。今年はiPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxのカメラ性能は同等だから、iPhone 13 Proを選んでもiPhone”最強”のカメラが手に入ることになる。

f:id:tkan1111:20210928090520p:plain

6倍の光学ズームとマクロ撮影

今年のProモデルのカメラはすごい。望遠は6倍光学ズームまで可能で、iPhone初の本格マクロ撮影ができるようになった。このマクロ撮影は被写体が近づくと自動的に切り替わるので、ユーザーはレンズを切り替える必要がない。

今年のiPhone 13 Proのカメラは、あらゆるシーンで満足いく撮影ができそうだ。

コアが多いGPU

今年のProモデルは無印iPhone 13よりGPUのコアが1つ多い。メモリが多いことはあったが、ProだけGPUが増強されることはなかった。今年のiPhone 13 Proに追加されたProMotionは画面描写を滑らかにする技術で、GPUはこのために増強されたと思われる。

GPUの強化はゲームなど負荷が高い動作をする際にも違いが出そうだ。

f:id:tkan1111:20210928093654p:plain

3時間長いバッテリー持続時間

iPhone 13 ProのバッテリーはiPhone 13より長く使える。iPhone 12とiPhone 12 Proのバッテリー持続時間は同一だったが、今年は3時間も長い。バッテリーは長ければ長いほど良い。

f:id:tkan1111:20210928093706p:plain

iPhone 13も”重い”

バッテリーとカメラを増強したためにiPhone 13 Proは200gを超えた。持つとずっしりくる重さだが、iPhone 13もやはり重くなり、Proとの差は30g。この30gをどう思うかによるが、蓋つきケースを使うユーザーからすれば大した重さの違いではないだろう。それよりもカメラ性能とバッテリーの増強のメリットが大きいと思う。

f:id:tkan1111:20210928091900p:plain

新色のシエラブルー

iPhone 13 Proには新色のシエラブルーが採用された。実物を見るとわかるが、高級な雰囲気がする良い色だ。昨年のパシフィックブルーも良い色だったが、少々色味が暗かった。シエラブルーのためにiPhone 13 Proを選んでも後悔しないと思う。

f:id:tkan1111:20210928092451p:plain

1TB

iPhone 13 Proでは1TBが選べるようになった。当然高価だが、写真や音楽を大量に持ち歩きたい人にはありがたい。

f:id:tkan1111:20210928093819p:plain

サイズは同じだが、中身は充実しているiPhone 13 Pro

iPhone 13とiPhone 13 Proのサイズは全く同じだが、カメラとバッテリーが増強されたiPhone 13 Proは今年購入するのにはまとまりがある良いモデルだと思う。

ネックは24,000円高い価格だが、iPhone 13も98,800円もする。ここはもう少し上乗せしてiPhone 13 Proを選択した方が後々後悔しないと思う。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。