ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

iPhoneユーザーがMacを買うと感動する5つのオススメ連携機能

iPhoneとMacの連携

iPhoneのユーザーがパソコンを選ぶ際に、同じApple製品ということでMacを選びことも多いだろう。筆者もWindowsマシンをずっと使っていたが、iPhoneをもち始めた時にはじめてのMacとしてMacBook Airを購入した。それ以来、ずっとWindowsとMacを併用している。

iPhoneとMacを同じiCloudアカウントで使うと、様々なメリットがある。

実際に使ってみて便利な機能を紹介します。

f:id:tkan1111:20190301094058p:plain

電話

iPhoneにかかってきた電話をMacで受けることができる。Facetimeだけではなく、普通の電話も受けられる。Bluetoothイヤホンも使えるので、Macで音楽を聴きながら作業をしているときに電話がかかってきたら、音楽が自動停止して、キーボード操作で電話を受けることができる。

f:id:tkan1111:20190301094212p:plain

Macで電話をかけることもできる。「連絡先」から選ぶこともできるし、電話番号を入力することも可能。

f:id:tkan1111:20190301094707p:plain

MacとiPhoneが同じWi-Fiネットワークに接続していることが条件。Macで作業しながら電話を受けて話せるので、とても便利だ。

ユニバーサルクリップボード

iPhoneとMacのクリップボードを共有できる。iPhoneでコピーした文章・画像などをMacでペーストできる機能だ。

iPhoneでキャプチャーした画像をMacで加工したい時に、「写真」で保存しなくても、「コピー」すれば、Macのクリップボードに直接送ることができる。

f:id:tkan1111:20190301100600p:plain

Mac側では普通にペーストすれば良い。

f:id:tkan1111:20190301101028p:plain

筆者のようにブログを書く時にキャプチャーする機会が多い人には、とても助かる機能だ。

ブログを書かなくても、例えばスマホに長文を打たなければいけないときにMacのキーボードで文章を書いてコピー→iPhoneにペーストなんて事もできる。

Handoff

一方のデバイスの作業を引き継げる機能。Apple標準アプリの他にHandoff対応のサードパーティ製アプリで、使用できる。

一番便利なのは、Safariで参照している画面を引き継げること。大きな画面で参照したい時に、iPhoneで読んでいた記事をMacへ簡単に転送できる。

f:id:tkan1111:20190301101914p:plain

Handoffは(ユニバーサルクリップボードもそうだが)Wi-Fi環境がなくても、MacとiPhoneがBluetooth通信ができる距離にあれば使用できる。Wi-Fi環境がない外出先でも連携してくれるのがありがたい。

Safari

iPhone・Mac両方でSafariを使っているなら、ブックマークなどを共有化できる。どちらかのデバイスでブックマークを変更したら、もう片方のデバイスのブックマークもすぐにアップデートされる。

ブックマークだけではなく、開いているタブも共有できる。

f:id:tkan1111:20190301103052j:plain
f:id:tkan1111:20190301103401p:plain

別のデバイスからタブを閉じて整理しちゃうことも可能。

f:id:tkan1111:20190301103445p:plain

ファイル

f:id:tkan1111:20190301103819j:plain

初期のiPhoneにはPCのようなファイル構造をもっていなかったが、iCloud Driveが登場し、iOS内でもフォルダ・ファイルを管理できるようになった。iCloudを通してMacとリアルタイムにファイルを共有できる。

f:id:tkan1111:20190301104122j:plain
f:id:tkan1111:20190301104130p:plain

他にもいろいろ

紹介した機能の他に、Mojaveから導入されたiPhoneカメラの連携やインターネット環境を共有できるInstant Hotspotなどの機能もあるが、筆者は使ったことがない。

iCloudはWindowsマシンでも利用できるが、他の連携機能はMacしかできない。iPhoneやiPadなどのiOSデバイスを常用しているなら、Macも導入してみるとWindowsマシンでは味わえない新鮮な経験が味わえて面白いと思う。