ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

2年使ったAirPodsで、何時間音楽を聴けるか調べてみた。10%を切ってからが意外と長い

2年経過したAirPodsのバッテリーを調査

筆者がAirPodsを使い始めたのは、 2016年12月20日。2年以上前だ。それから、最初の1年はほぼ毎日、2年目以降はBoseのワイヤレスイヤホンを併用していたが、2日に1日以上の頻度で遣っている。

バッテリーだから、使えば(使わなくても)劣化するのは当たり前だけど、いきなり使えなくなったら困るので、何時間使えるか正確に知りたい。

というわけだ2年経過したAirPodsのバッテリー状況を調査します。

f:id:tkan1111:20190228174341p:plain

 

バッテリー消費量を計測

満充電したAirPodsと接続したiPhoneで音楽を流し続け、バッテリーの消費量を10分毎に計測した。ボリュームは真ん中ぐらい。

最初の10分で13%のバッテリーを消費した。それ以降は、10分毎に12%前後のバッテリーを消費し続けて、120分(2時間)経過した時に警告音が鳴った。AirPodsはバッテリーが10%を切ると警告音が鳴る仕様だ。

10%を切ってからは、バッテリーの消費量は鈍化し、10分につき約1%しか減らなくなる。連続使用170分過ぎに再び警告音。バッテリー残量が1%を切ると2度目の警告音が鳴るので、この時点でバッテリーをほぼ消費し尽くしたのだろう。

180分に到達する前に音が突然途切れ、iPhoneで確認すると通信も切断されていた。

連続使用中のAirPodsのバッテリー残量

  • 10分後:87%
  • 20分後:75%
  • 30分後:63%
  • 40分後:52%
  • 50分後:44%
  • 60分後:36%
  • 70分後:29%
  • 80分後:24%
  • 90分後:19%
  • 100分後:13%
  • 110分後:10%
  • 120分後:9% 警告音がなる
  • 130分後:8%
  • 140分後:7%
  • 150分後:6%
  • 160分後:5%
  • 170分後:3% 2度目の警告音
  • 180分前:音が切断される

f:id:tkan1111:20190228172802p:plain

オーディオブックを聴きながらランニングした時は、30分ぐらいで警告音がなった気がしたので、2時間半近く使えたのは予想よりも長かった。

とは言っても、新品のAirPodsは最大5時間再生できるので、2時間半では半減だ。2年間の使用でバッテリーが劣化しているのは間違いない。

f:id:tkan1111:20190228173252p:plain

180分再生して切断後、イヤフォンをケースに入れてバッテリー残量を確かめたら、左が4%で、右が65%だった。この数値が正しければ、消耗して警告をだしていたのは左側だけということになる。

ただ、バッテリーが劣化してくると、バッテリー残量の表示は当てにならない。片側だけ著しくバッテリーの消費が激しい場合に初期化すると改善する報告もあるので、試してみるのもよい(筆者も初期化を一度試した)。

f:id:tkan1111:20190228170717j:plain

充電は早い

バッテリーの消耗も早いが、充電も早い。最初の5分で20%、10分後には97%まで充電されていた。

f:id:tkan1111:20190228171026p:plain
f:id:tkan1111:20190228171729j:plain

充電された状態で装着すれば、再び再生できるようになる。10分の充電で再度使用できるなら、バッテリーが弱まっても使いようがありそうだ。

AirPods 2はまだかな

とは言っても、バッテリー残量をいつも気にしながら使うのはストレスがたまる。同じものを買うのは負けた気がするので(何に?)、早くAirPods 2をだしてください、Appleさん。