ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

AirPodsの小ネタ・裏技

AirPodsの小ネタ・裏座¥6選

AirPods登場以降、完全ワイヤレスイヤホンは爆発的に数が増えたが、AirPodsの人気は衰えていない。

シンプルなインターフェイスとデザイン、iPhoneなどのApple製品との親和性の高さがうけているのだろう。

 発売日からほぼ毎日使っている筆者が気づいた小ネタ・裏技をいくつかまとめておきます。 

「次のトラック」を活用

AirPodsは左右耳に別々の機能を設定できる。4つの機能の中でおすすめは「次のトラック」。「次のトラック」は「再生」の代わりになる。一時停止状態で「次のトラック」を設定したAirPodsをダブルタップすると「再生」できる。「一時停止」はできないが、片耳からAirPodsをはずせば一時停止して、再びつければ再生する。

f:id:tkan1111:20180524192232p:plain

AirPodsの名前をシンプルに

AirPodsをセットアップすると自動的に「<ユーザー名>のAirPods」という名前がつけられる。「AirPods」とシンプルな名前にするためには、iPhoneのBluetoothの設定から、名前を変更する。その際に気をつけなければいけないのは、AirPods」の後ろに半角スペースをつけること。スペースがないと、また「<ユーザー名>のAirPods」に戻ってしまう。

「新しい通知」をSiriに読んでもらう

iPhoneを使っているとメールやLINEなどから通知がたくさん届く(設定で停止もできる)。Siriに「新しい通知」とお願いすれば、通知を読み上げてくれる。メールやメッセージの返信も可能。歩きながらでも通知を処理できるので、忙しいときは試したい。

「音量を8にして」

Siriに「音量をあげて」と頼むと2レベルボリュームをあげてくれる。一気に音量を上げたい場合、何度も同じことを言わなければならず面倒だ。オープンエアー型のAirPodsは外で使うと騒音が入ってくるので、ボリュームを上げたくなる。外出時に聴いているボリュームのレベルを覚えていれば、そのボリュームに一発で調整できる。iPhoneのボリュームは16段階。「音量を<数字>にして」と頼めば、一発でそのレベルに合わせてくれる。

持ち運ぶときはカバーとカラビナで

AirPodsはケースも小型で持ち運びやすいが、小さすぎてなくしやすい。イヤホンを頻繁にはめたり外したりする時にケースをすぐに取り出しやすくしたい。

市販のAirPodsカバーとカラビナを使うと便利だ。ズボンのベルトループやバッグに引っ掛けると簡単に取り出せる。

カバーは1,000円程度、カラビナは百均で売っている。

f:id:tkan1111:20180524194132p:plain

Macと接続する二種類の方法

AirPodsは複数機器と接続できるマルチペアリングはできるが、マルチポイント機能はない。iPhoneと接続して音楽を聴いているとき、Macの動画を観たいなら切り替える必要がある。

切り替える方法は2種類。MacのバーにあるBluetoothアイコンまたはスピーカーアイコンをクリックして選択。

f:id:tkan1111:20180524200827p:plain  f:id:tkan1111:20180524200820p:plain