ところで、こころで

IT業界、ガジェットについて、あれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

Appleが決算発表。iPhoneの製品単価が伸びる。Appleフルラインナップ戦略が今後の鍵

過去最高の決算

AppleのQ4決算が発表された。売上が前年同期比19.6%増、純利益が31.8%増と過去最高の売上と利益を記録した。

高価格帯のiPhoneが貢献

Q4は7月から9月までなので9月の新iPhoneの売上は限定的だが、iPhone XS, iPhone XS Maxの高価格モデルが貢献して、iPhoneの製品単価は前年同期比28%増と、大幅に上昇した。

f:id:tkan1111:20181102093417p:plain

製品単価が上がっても、台数も14%伸びているのでまずまずかと思うが、市場予測には届かなかった。

f:id:tkan1111:20181102094041p:plain

引用:Apple

10月発売のiPhone XRもiPhone 8より値段が高いので、製品単価はさらに上昇するだろう。フルスクリーンとFace IDを売りにしたAppleの高価格戦略が功を奏した結果だ。

iPadの不調

iPadは台数が前年同期比6%減、売上も15%減と不調だった。春にiPadを値下げした影響で、製品単価もここ一年で最低の結果だった。

f:id:tkan1111:20181102101505p:plain

今週発表したiPad Proがクリスマスシーズンでどこまで伸びるかが、大きなポイントになる。高価格帯の製品を導入し、かつ大量のラインナップを維持するAppleの戦略が成功するかが、来期にわかるだろう。

対照的なMac

Macは台数が前年同期比2%減だが、売上は3%増。一時はMacが退潮して、次世代コンピューターはiPadに収斂される予測もあったが、今週のイベントでMacBook AirとMac Miniを発表し、Macの存続をAppleは高らかに宣言した背景には、Macの好調さがあった。

iPad Proを大幅アップデートしつつ、Macに手を入れたのは、両方のプロダクトを拡大成長させることをAppleが選択したことを意味する。

好調なApple Watch

Apple WatchやAirPodsが含まれる「その他」は前年同期比31%増と大幅に伸びた。「その他」の中で製品単価が高いApple Watchが売れたのだろう。当初は懐疑的だったApple Watchが4G対応、今回のフルモデルチェンジを経て、定番プロダクト化した印象だ。街でもつけている人をよく見かけるし。

iPhone偏重の販売構成は変わらず

iPhoneの売上はAppleの売上全体の59%と、前年同期比の55%よりも増えている。iPadの売上が減ったのが大きい。ひとつのプロダクトに頼っていると、不具合が出たり、政治的要素が絡んだりしたときに、経営の大きなリスクとなる。

Appleとしては、iPhone偏重を解消するために今回iPad、Macのラインナップを増やして、経営の安定化を図っていると思われる。

製品別売上構成            
  Q2 2017 Q3 2017 Q4 2017 Q1 2018 Q2 2018 Q3 2018 Q4 2018
iPhone
63% 55% 55% 81% 80% 71% 59%
iPad 7% 11% 9% 14% 14% 20% 7%
Mac
11% 12% 14% 5% 6% 9% 12%
サービス 13% 16% 16% 0% 0% 0% 16%
その他 5% 6% 6% 0% 0% 0% 7%
  100% 100% 100% 100% 100% 100% 100%

 クリスマスシーズンに新型iPad、新型Macが伸びて、この販売構成が変わっていくかどうかが、Appleの今後の業績にあらわれ、今後の戦略に繋がっていくに違いない。