小説とIT

「第12回ポプラ社小説新人賞」奨励賞受賞作の「夏のピルグリム」を7月18日に刊行

「第12回ポプラ社小説新人賞」奨励賞受賞作の 「夏のピルグリム」 が7月18日に発売になります。初の単行本形式の小説です。
興味がある方は書店で予約してみてくださいませ。

MENU

Apple Watchのバンドを買うなら(2018年版)

スポーツするならスポーループバンド

初代Apple Watch登場から三年間、ほぼ毎日装着している。以前は色々なバンドを日によって使い分けていたが、最近はほとんどスポーツループバンドしか使っていない。

理由はシンプルだ。

  • 非常に軽い (9g)
  • 装着が簡単
  • 無段階で長さを調整できる(マジックテープなので)
  • 余ったバンドがじゃまにならない (手首に貼りつくので)

スポーツ時に使用する腕時計のバンドとして申し分ない。アルミボディのApple Wartchと組み合わせると重さを感じないほど。

それまではNikeのスポーツバンドを常用していたが、重さが28gもあった(それでも十分軽いのですけどね)。ちなみにスポーツバンドは色によって重さが微妙に異なる。黒系は重い。

軽いと言えばウーブンナイロンも12gと比較的軽いが、余ったバンドが邪魔になるのと、使っているとよれてくるのが欠点だ。

あくまでもスポーツ向き

スポーツループバンドはマジックテープだからはっきりいって高級感はない。スーツと合わせない方が良いと思うので、これからApple Watchを購入するならレザーバンド + スポーツループバンドの組み合わせで持つのがよいのでは。

ブラックボディは選択肢が限られる

以前はブラックカラーのスポーツループバンドはApple Watch Nike+を買わないと手に入らなかったが、最近単品販売も追加された。ブラックのアルミニウムボディなら、こちらのスポーツループバンドが良いだろう。

ブラックカラーはかっこいいのだけど、似合う色のバンドが少ないので、多くの色を試したいならシルバーボディのほうが良い。