ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

ABEMAアプリがアップデート。インターネットテレビからの脱出を目指す

新しくなったABEMAアプリ

iOS版のABEMAアプリがアップデートされた。

以前は、画面下部にチャンネル名が並び、左上のメニューから「テレビ」「ビデオ」などが選べたが、最新版はメニュー構成が大幅に変わった。

どうして変更されたのか考えてみます。

f:id:tkan1111:20210807102636p:plain

 テレビからの脱却

新しいインターフェイスでは、画面下部に「ホーム」「ジャンル」「検索」「マイページ」が並ぶ。

f:id:tkan1111:20210807103154p:plain

「ホーム」をタップすると、上部に放送中の番組が表示されて、その下にチャンネルが並ぶ。

f:id:tkan1111:20210807103834p:plain

チャンネルの下には、過去の番組が表示されて選べるようになっている。以前なら「ビデオ」に表示された内容だ。

インターネットテレビ「ABEMA」は地上波テレビを模したスタイルでスタートした。地上波テレビと同様に番組の合間のCMで利益を出そうとしたが、予想より広告収入が伸びず有料会員を増やす方向へシフトした。

今回のテレビとビデオを融合して「ホーム」としたのは、今までの放送中の番組を中心に観せるスタイルから、プレミアム会員限定のビデオ番組の露出を増やして有料会員の収入を増やす意図がありそうだ。

「ホーム」隣の「ジャンル」は、ユーザーが好むジャンルの番組を表示する。過去の番組なので今までは「ビデオ」と表記していたが、新しいアプリでは「ビデオ」とは書かれていない。ここからもABEMAは「テレビ」というカテゴリーから脱却して、生放送もしている動画配信サービスを目指しているのがわかる。

Amazon PrimeやNetflixは生放送ではなく映画やドラマが中心だ。YouTubeはライブ放送もあるが、ライブもビデオも一般の人が作成したコンテンツが中心だ。

ABEMAは、そのどちらとも異なる独自サービスを志向している。

We版もいずれ変更?

Web版は今まで通り「テレビ」「ビデオ」が並んでいるが、こちらもアプリのようにいずれ変更されるのだろう。スマホ版の改訂が優先されたのは、若いユーザーが多いABEMAにとっては、Web版よりスマホのアプリが大事だからだ。

インターネットテレビから進化してきたABEMAが今後どのように発展していくのか楽しみだ。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。