ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

AirPods Proのバッテリーの寿命を確認する方法

AirPods PRoのバッテリー

ワイヤレスイヤホンのAirPods Proにはバッテリーが内蔵されている。使い続ければ、バッテリーは劣化していく。

AirPods Proのバッテリーの寿命を確認する方法をご紹介します。

バッテリーの寿命を確認する方法

iPhoneやApple Watchはバッテリーの状態を「設定」から確認することができる。iPhoneだと「設定」→「バッテリー」→「バッテリーの状態」で「最大容量」がわかる。

f:id:tkan1111:20210807095402j:plain

バッテリーが劣化すると最大容量の数値が減り、パフォーマンスに影響が出ていると警告してくれる。

Apple WatchではApple Watch本体の「設定」(iPhoneの「watch」アプリではない)→「バッテリー」→「バッテリーの状態」でバッテリーの最大容量を確認できる。

iPhoneやApple Watchと同じようにAirPodsで「最大容量」を確認する方法があるかというと、数値で確認する方法はない。

イヤホンの寿命を確認する方法

数値で確認できないとなると、バッテリー連続使用時間で確認するしかない。

AirPods Proは一回の充電で最大4.5時間再生できる。この連続再生時間が短くなれば、バッテリーが劣化したといえる。

f:id:tkan1111:20210806084451p:plain

では、バッテリー連続使用時間が何時間になったら、「寿命」といえるのか。

一つの目安が「80%」だ。Appleの有償サービスである「AppleCare+」のヘッドホン版である「AppleCare+ for Headphones」に加入して、2年以内にバッテリーが80%未満に劣化すると、無料で修理(実際はイヤホンを交換)してくれる。Appleは「80%」を修理するかどうかの判断基準としている。

f:id:tkan1111:20210806084957p:plain f:id:tkan1111:20210806084056p:plain

それぞれのデバイスのバッテリー連続使用時間に80%を掛けると、こちらになる。

  • AirPods Pro・・・約3.5時間
  • AirPods (第2世代)・・・約4時間

AirPods Proならイヤホンのバッテリー連続使用時間が3時間半を切れば80%未満にバッテリーが劣化したことになる。

もちろん、連続使用時間が80%未満になってもすぐに寿命が尽きるわけではなく、使い続けることはできる。ただ、「AppleCare+ for Headphones」に加入しているなら、保証が切れる2年が経過する前にバッテリーの連続使用時間を確認して、80%を切っているようなら交換を依頼しよう。

イヤホンの寿命は何年?

バッテリーの寿命は使い勝手に左右されるので、AirPodsのイヤホンの寿命をAppleは公表していない。ひとつの指標は、「AppleCare+ for Headphones」の保証期間である2年だろう。AirPods Proは発売から2年が経過していないので、まだ劣化した人は少ないと思うが、初代AirPodsは毎日使っていると2年間ぐらいで劣化する人が多いようだ。

ケースの寿命を確認する方法

AirPodsのケースに内蔵されているバッテリーの寿命を数値で確認する方法は残念ながらない。こちらも連続使用時間で確認する方法がある。

AirPods Pro、AirPodsともイヤホンへ充電しながらの連続使用時間は24時間なので、連続使用時間が19時間を切れば元のバッテリー容量の80%未満ということになる。

ケースの寿命は何年?

イヤホン同様にケースの寿命も公開されていない。「AppleCare+ for Headphones」におけるケースの保証期間も2年だが、イヤホンと違って使用している時間が短いので、イヤホンより寿命は長いと思われる。AirPodsのケースのバッテリーが寿命を迎えた報告は多くない。

AirPodsのバッテリーを長寿化するには

iPhoneやApple Watchと同様にAirPodsも「バッテリー充電の最適化」を設定できる。バッテリー充電の最適化を設定すると、バッテリーの劣化を軽減するために使用状況を学習して最適な充電を行うようになる。

具体的には80%までは普通に充電され、それ以上の充電はユーザーが使い始める時間に満充電になるように充電される。満充電状態が長いとバッテリーが劣化しやすいからだ。

AirPodsのバッテリー充電の最適化を設定する方法

  1. iPhoneの「設定」を開く
  2. 「Bluetooth」→「AirPods(自分で設定した名称)」の右横にあるをタップ

    f:id:tkan1111:20210806091305p:plain

  3.  「バッテリー充電の最適化」をオンにするf:id:tkan1111:20210806091416p:plain

連続使用時間で寿命かどうか判定

連続使用時間を測定する以外にAirPodsのバッテリーの寿命を判断する方法はない。

バッテリー劣化に応じてiPhoneのパフォーマンスを自動的に下げる、いわゆる「バッテリー問題」によって、iPhoneのバッテリーの状態は数値でユーザーが確認できるようになった。

iPhoneと違いバッテリーの劣化に応じてパフォーマンスを変更することができないAirPodsのバッテリー状況を数値化する必要はないとAppleは考えているのだろうが、修理を依頼するのにもわかりやすいので、AirPodsのバッテリー状態を数値で確認できるようにしてほしい。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。