ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

AppleのARゴーグルはどうなった?WWDCでARゴーグルが発表されなかった理由

AppleのARゴーグルは?

WWDC22でARゴーグルが発表される噂があったが、ゴーグルどころかARの機能についての説明もなかった。

ARゴーグルがどうして発表されなかったか考えてみます。

時期尚早

メタバースの話題は上がるが、ARが話題になることはあまりない。そのメタバースも実際にゴーグルとグローブをはめて日常的に体験している人がどれだけいるだろう。

Appleは市場がゼロのところを開拓するより、ある程度市場があったまってきたところに参入するパターンが多い。iPhone以前に音楽プレイヤー付き携帯電話はすでにあったし、Apple Watch以前にも携帯電話型デバイスはあった。

革新的なデザインと優れた性能により、他社のデバイスと一線を画した製品を開発して、Appleはシェアを獲得していった。

軽量化

AR(拡張現実)の場合、外部の映像に情報を投影するのが一般的だ。外出先でARを使うためには、ゴーグルよりメガネ型にする必要がある。

当然、できるだけ軽量で、スタイリッシュでないとならない。軽量化を進めれば、バッテリー容量が減るので、利用時間が短くなる。重量と持続時間のバランスの解をAppleはまだ持っていないんじゃないかな。

ソフトウェア

ハードウェアができてもソフトウェアがなければ意味がない。Appleだけではなく、サードパーティ製のソフトウェアが必要だ。いくらAppleが頑張っても、ARアプリが増えていかないと、新しいカテゴリーの製品は盛り上がらない。

Appleは、iOS・iPadOSにARを導入し、アプリ開発ツールをAppleは提供している。それでも現状ARアプリのヒット作が出ておらず、数もまだまだ不足している。

AppleがARゴーグルを提供して成功するには、ARソフトウェアが活況になっていないといけない。

ロックダウン

上海のロックダウンにより中国企業での開発・製造が滞る余波が続いている。Appleにおいても発表されたMacBook Airは来月まで発売されない。量販マシンで発表してからここまで待たせるのは異例だ。

ARゴーグルも例外ではなく、ロックダウンの影響を受けて開発が遅れている可能性がある。

スタイリッシュなARグラスが欲しい

個人的にはApple製のARグラスが見てみたい。外出先で経路や店舗の情報を実際の映像に投影できるARグラスがあれば売れると思う。

ただ、そのためには顔に装着してもおかしくなく、負担にならない形状を実現しないといけない。普通のメガネに見えるが、バッテリー持続時間も長いデバイスである必要がある。来年1月に登場する噂もあるが、開発にもう少し時間がかかるのではと思う。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも0円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。