ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

Apple Watchの文字盤には2種類の「天気」のコンプリケーションを置こう

Apple Watchの「天気」

Apple Watchを便利に使えるかどうかは文字盤に配置するコンプリケーションによる。コンプリケーションは文字盤にリアルタイムの情報の置ける機能だ。

そのコンプリケーション定番といえば「天気」。この「天気」のコンプリケーションの良い配置方法をお伝えします。

「天気」は6種類

純正の「天気」のコンプリケーションは6種類ある。純正の「天気」はGPSから取得した現在地の情報を表示できる。ちなみにwatchOS 7からサードパーティ製のアプリでも複数種類のコンプリケーションを置くことができるようになった

UV指数

紫外線指数。Apple Watchが測定しているわけではなく、ネット経由の情報

f:id:tkan1111:20210122164634p:plain

温度

現在地の温度。こちらもネット経由の情報。左右の小さな数字は本日の最低気温と最高気温

f:id:tkan1111:20210122164710p:plain

気象状況

「現在」の天気をアイコンで表す

f:id:tkan1111:20210122164728p:plain

空気質指標

大気汚染の程度を示す指標

f:id:tkan1111:20210122164823p:plain

降水確率

現在地の降水確率

f:id:tkan1111:20210122164841p:plain

風の方位と風量

f:id:tkan1111:20210122164914p:plain

2種類のコンプリケーションを置く

6種類ある「天気」のコンプリケーションを1つの文字盤に複数置くことができる。2種類のコンプリケーションを置くことで文字盤だけを見れば、現在の気象状況を把握できる。

おすすめは、こちら。

  • 気象状況
  • 気温

出かける前に、「気象状況」で傘が必要かどうか確かめ、「気温」で服装を決めることができる。Apple Watchの文字盤だけを見れば良いので、めちゃ便利。

f:id:tkan1111:20210122170428j:plain

おすすめの文字盤はインフォグラフ

複数のコンプリケーションが置ける文字盤なら2種類の「天気」を設置できるが、おすすめはインフォグラフ。少ないコンプリケーションしか置けない文字盤で2つを「天気」に使うと他のコンプリケーションが置けないが、最大8つのコンプリケーションが置けるインフォグラフだと2つを天気に使っても全く問題なし。

ぜひお試しください。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。