ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

マスク姿でApple Watchを使うなら設定しておくべきこと

マスク装着のためにApple Watchを買う

マスク姿でiPhoneをアンロックするために、Apple Watchを買った人もいると思う。マスク姿でApple Watchを使用するなら、アンロック以外にも、もう一つ行った方が良い設定があります。

設定方法をご紹介します。

f:id:tkan1111:20210614073856p:plain

Apple WatchのApple Payにクレジットカードを設定する

Apple Watchを装着するとマスク姿でもFace ID搭載のiPhoneをアンロックできるが、iPhoneでApple Payの支払いをするときはApple Watchによるアンロックは機能しない。マスク姿だとFace IDで認証できないので、マスクをずらすかパスコードを入力しないといけない。

Apple WatchのApple Payなら認証は不要で、Apple Watchのサイドボタンをダブルクリックするだけで支払うことができる。

というわけで、マスク姿でもスムーズに支払えるようにApple WatchのApple Payにクレジットカードを設定しよう。iPhoneとApple Watch両方に同じクレジットカードを登録できるので、両方の機種に登録しておこう。

Apple Watch用のSuicaカードを作成する

ただ、Suicaは片方のモデルしか登録できない。改札をiPhoneで通過する人は、Apple Watch用にSuicaカードを作成した方が良い。Suicaはエクスプレスカードとして登録できるのでサイドボタンをダブルクリックする必要がなく使える。

コロナ禍でのApple Watch

コロナ禍でApple Watchの重要度が増している。マスク姿のアンロックだけではなく、Apple Payでの支払いもApple Watchがあれば便利になる。

iPhoneもそうだが、非接触型のApple Payで支払えば、クレジットカードや現金のやり取りがなく店員の方と接触しなくてすむ。

ただ、Apple Watchで支払うと、端末に向けて腕を伸ばさないといけない。端末の位置によっては気になる人もいるかもしれない。クレジットカードを挿入することもできる端末だと店員が使うのでカウンターの奥に設置されている場合がある。非接触型での決済が増えているので、もう少し手前に端末を置いてくれるとありがたいですね。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。