ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

マスク姿でのFace IDの反応が悪いときの対処法

マスク着用時のFace ID

iOS15.4からマスク着用時でもFace IDがアンロックできるようになった。

対象条件は、こちら。

  • iOS 15.4にアップデート
  • iPhone 12以降

対象条件が揃ったiPhoneで設定をすると、マスク姿でもFace IDが解除できるようになる。

だけど、結構時間がかかる場合がある。

「iPhoneを下向きにしてください」などのメッセージが表示されて、向きを変えるとやっとアンロックしたり、アンロックに失敗してパスコード入力画面に移行したりする。

帽子を被っているなど顔が隠れている場合はよく起こる気がする。

マスク姿でもFace IDのアンロックを早める方法をご紹介します。

Apple Watchに頼る

iOS 15.4以前でもApple Watchがあれば、マスク姿でアンロックできた。Apple Watchでのアンロックはマスク姿の顔を認識しているわけではなく、アンロックしたApple WatchがあればiPhoneのロックを解除できる。

Apple Watchを持っているなら、マスク着用時の設定を削除して、Apple Watchでのアンロック設定だけを有効にしよう。

Apple Watchでのアンロックの設定方法

  1. iPhoneの「設定」→「Face IDとパスコード」をタップ

  2. パスコードを入力する
  3. 「マスク着用時Face ID」をオフにする

  4. 「APPLE WATCHでロック解除」を「オン」にする。Apple Watchはパスコードの設定をしてあることが条件

一長一短ではある

Apple Watchでのアンロックは、マスク姿でもApple Watchが近くにあれば機能するので、マスク着用時Face ID機能よりも速い場合が多い。

ただ、もちろんApple Watchを腕につけていないといけないし、腕を伸ばしていてApple Watchが遠い場所にあると認識しない場合がある。

しばらく、iPhoneの「マスク着用時Face ID」をオフで過ごしてみたが、起きている間はずっとApple Watchをつけているから困ることは一度もなかったし、アンロックは確実に速くなった。

両方を設定すると、マスク着用時Face ID機能がまず作動し、それでも認識しない場合に、Apple Watchでのアンロック機能が作動する。この挙動に時間がかかっている人は、マスク着用時Face ID機能をオフにしよう。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも0円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。