ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

Apple Watchをサブディスプレイとして使う方法

Apple Watchの使い方

Apple Watchは電車に乗れたり、買い物できたりと何かと便利だけど、サブディスプレイとしても利用できる。

iPhoneは基本的に複数のアプリを同時に表示できない(例外はピクチャ・イン・ピクチャ)。iPadなどに画面を共有できるアプリもあるが、Apple Watchなら標準の状態でサブディスプレイとして使える。

どんな風に使えるかご紹介します。

Apple Watch SE(GPSモデル)- 44mmスペースグレイアルミニウムケースとミッドナイトスポーツバンド - レギュラー

再生中

iPhoneで音楽や動画を再生すると、リンクしているApple Watchに「再生中」アプリが起動する。iPhoneで音楽を聴きながら、他のことをしているときに早送りや一時停止などの操作をApple WatchがあればiPhoneの画面を変えずに操作できる。

f:id:tkan1111:20220207093920p:plain

タイマー

タイマー機能はiPhoneにもApple Watchにもある。Apple Watchでタイマーを使えば、iPhoneを使いながら、タイマーの残り時間を確認できる。

「Siri」機能がオンになっているなら、手首を曲げて「3分タイマー」と言うことでタイマーを起動できる。

f:id:tkan1111:20220207094804p:plain

計算機

watchOS 6からApple Watchに計算機が追加された。iPhoneの画面を変更することなく、計算ができる。ただ、Apple Watchの計算結果をコピペできない。計算結果をiPhoneなどの手動で入力しないといけない。

f:id:tkan1111:20220207094717p:plain

Be Focused

最近筆者がよく使うのが、「Be Focused」アプリ。「ポモドーロ・テクニック」という25分集中して、5分休憩する仕事方法を実践できる。この「Be Focused」は人気アプリで、Mac、iPhone、Apple Watchなどに提供されている。デバイス間の連動は有料版のみだが、無料版でも普通に使える。

f:id:tkan1111:20220207095148p:plain

あえてApple Watchのアプリを使う

今挙げた機能は、iPhoneにもあるので、Apple Watchがなくても使える。だが、iPhoneでの作業に集中するときは、Apple Watchのアプリをあえて使うことで、iPhoneの画面を遷移させることなく、アプリを使うことができる。

お試しあれ。

Apple Watch Series 3(GPSモデル)- 38mmシルバーアルミニウムケースとホワイトスポーツバンド

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。