ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

iPhoneにマイナンバーカード。iOS 13で開放されるNFC機能で一番実現してほしいこと

マイナンバーをiPhoneに

iPhoneでスキャンして、マイナンバーを登録できるようになると日経が報じた。

政府提供のアプリを使うことで、iPhoneがマイナンバーとなって、確定申告など各種申請に使えるようになるそうだ。

NFC機能が今までよりも開放されるiOS 13で実現する。だけど、マイナンバーよりももっと対応してほしいことがある。

f:id:tkan1111:20190621074742p:plain

NFC機能の開放

iPhoneのNFC機能が開放されるという報道は、少し前からあった。今までApple Payでしか使えなかったiPhoneのNFC機能がiOS 13で開放されて、本来のNFCが持つ機能の多くが使えるようになる。具体的には、パーキングメーターにiPhoneをかざすと支払いができたり、AndroidができるようにNFC内蔵イヤホンに近づけるとペアリングがができるようになるかもしれない。

一番対応してほしいのは、モバイルチケット

一番対応してほしいのは、筆者的にはライブのチケットや飛行機チケットだ。最近はモバイルチケットも普及してきて、紙のチケットがなくても使える施設は増えたが、その多くがQRコードやバーコードの提示が必要だ。アプリやWalletを起動してQRコードを表示しないと利用できない。

NFCに書き込むことができれば、iPhoneを端末にかざすだけでOKになる。昔は簡単にできたのになんで? と思うのは、いわゆるおサイフケータイを使っていた人だ。そう、昔できていたことが、iPhoneではできないのだ。

個人情報の管理は今やApple製品のセールスポイントになっているので、セキュリティについて慎重なるのはわかるけど、NFCを開放すればiPhoneの利便性が高まるので、早く対応してほしい。デバイスが進化したのに、できることが退化してしまったのではシャレにならない。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。