ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

最新iPad Air、iPad mini、無印iPadを比較。どれを買うべきかタイプ別に紹介

iPad Air、iPad mini登場

3夜連続の先週の発表で、最も驚いたことはiPad Airの復活だろう。噂にあった新iPad mini、iPad Proの2モデル、無印iPadと合わせて計5モデル体制になった。

5モデルも同時に販売されるのは史上初(たぶん)。選択肢が多いのは嬉しいが、どれを買ったらよいか迷ってしまう。

性能を比較しながら、どういう人がどのモデルを買うべきか考えてみます。

 iPad Proは特別

iPad Proを選ぶか、そうではないiPadを選ぶかが最初のポイントだ。

iPad Proは特別なモデルだ。iPad Proは11インチモデルでも89,800円、iPad Airの54,800円と35,000円の差がある。性能も異なる。Face ID、Liquid Retinaディスプレイ、Apple Pencil(第2世代)対応、USB-Cコネクタと他のiPadと多く異なる。

f:id:tkan1111:20190325111814p:plain

ディスプレイサイズと価格帯

1.5倍価格が違うと、同じカテゴリーの製品ではない。上述の性能を望むなら、iPad Proのどちらかのモデルを選べば良い。

性能と価格が近い残りの3モデルで比較すべきだろう。

f:id:tkan1111:20190325111950p:plain

ディスプレイサイズ

5モデルのディスプレイサイズはすべて異なる。 iPad mini< iPad <iPad Air の順に大きい。iPad AirとiPadの違いは0.8インチ。触れれば体感でわかるサイズの違いだが、使い方は大きく変わらないだろう。片手で掴めるサイズではないので、ベゼルを掴んでもう片方の手で操作するか、本体を置いて操作するしかない。

iPad miniは片手で掴めるサイズで、大きなズボンのポケットなら入れることができる。片手で持ちたい、立って使いたいなら、iPad miniを選ぶべきだろう。

iPadはTrue Toneディスプレイに対応していない。Trure Toneは色と明度を自動的に適応させ自然に表示してくれる。

両ディスプレイを比較すればわかるレベルだが、WebブラウザやOfficeを使うぐらいならiPadのディスプレイでも困ることはないだろう。

f:id:tkan1111:20190325112033p:plain

プロセッサ

iPadのみA10 Fusion、その他の2モデルは最新のA12 Bionicを採用している。A10はiPhone 7に採用されているプロセッサで、通常の使い方では性能の差はわからないだろう。負荷が大きいゲームで遊ぶか、長く使うつもりなら最新プロセッサを選んだ方がよい。

f:id:tkan1111:20190325113734p:plain

Smart Keyboard対応

iPad AirのみSmart Keyboadに対応している。Smart Keyboadは、無線ではなく直接繋ぐことができるので、iPadから給電してくれる。

Bluetoothのように接続の手間がいらないのでキーボードを頻繁に使う人はiPad Airを選ぶべきだ。

f:id:tkan1111:20190325114316p:plain

価格帯

ディスプレイサイズとは異なり、iPadのほうがiPad miniより安い。ディスプレイとプロセッサの性能差による価格差だろう。ただ、iPadの最低価格のストレージは32GB。Micro SDカードが使えないiPadはストレージを増設できないので、内蔵ストレージは多めにしておくべきだ。iPadの128GBだと、iPad mini 64GBの方が3,000円安い。

価格だけでも選ぶなら、iPadと決める前にiPad miniでも問題ないか一度確認しても良いと思う。

f:id:tkan1111:20190325114541p:plain

本体サイズ

本体サイズはディスプレイサイズに比例する。比較するなら厚さ。iPad Airの厚さは6.1mm、iPadは7.5mm。タブレットPCにおいて1.4mmの差は大きい。といってもiPhone XSの厚さは7.7mmで、iPadよりも0.2mm厚い。iPad AirとiPad miniが薄すぎるとも言える。

f:id:tkan1111:20190325123700p:plain

重量

iPad AirとiPadの差は14gで大して差がない。iPad miniの約300gはタブレットの中でもかなり軽い部類に入る。ちなみにiPhone XS Maxは208g。

f:id:tkan1111:20190325123826p:plain

その他の違い

フロントカメラはiPadだけ異なる。でもiPadのカメラの性能差を気にする人は少数派かと。
iPadだけBluetoothは4.2。Bluetooth 5.0のほうが省電力だが、iPadのバッテリー容量だと気にする必要はないだろう。

f:id:tkan1111:20190325124641p:plain

iPadはeSIMに非対応。

f:id:tkan1111:20190325124712p:plain

値段を追求したい人

32GBのiPadが最も安いが、128GBのiPadは64GBのiPad miniより高いことは留意しておくべきだ。ストレージを増設できないので、iPadは128GBを選ぶべきだ。

  • iPad 128GB

f:id:tkan1111:20190325125536p:plain

立って使いたい人

立って使いたい人、持ち歩きたい人はiPad mini一択だろう。

  • iPad mini

f:id:tkan1111:20190325125823p:plain

キーボードを使いたい人

Smart Keyboard対応のiPad Airが良い。Smart Keyboardなら何の設定も不要でキーボードを簡単に接続できる。

  • iPad Air

f:id:tkan1111:20190325130028p:plain

長く使いたい人

頻繁に買い換えるのではなく、長い間同じモデルを使いたい人はiPad Airが良いだろう。iPad Air内蔵のプロセッサA12 BionicはNeural Engineに対応している。ニューラルネットワークは今後進化していくだろうから、長期的に使用するならiPad Airを選ぶべきだ。

  • iPad Air

f:id:tkan1111:20190325130028p:plain

動画鑑賞がメインの人

縦横比はどのiPadも同じ4.3。映画を鑑賞するには望ましいディスプレイサイズではないが、動画鑑賞するならディスプレイサイズが大きいiPad Airが良いだろう。

  • iPad Air

f:id:tkan1111:20190325130028p:plain