ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

Rakuten Miniを携帯してランニングしてみる。フルマラソンでもバッテリーは大丈夫。ネックはカメラ性能とCoke On Pay

超小型スマホ「Rakuten Mini」はランニングにマッチ?

「Rakuten UN-LIMIT」との同時契約により1円でゲットできるRakuten Miniを持っている人が増えた。先週のスマートフォン販売ランキングでは1位だったようだ。

Rakuten Miniの一番の特徴は言うまでもなく小さいこと。小型ならランニングなどのワークアウト中も携帯できそうだ。

実際にRakuten Miniを携行してランニングしてみました。

f:id:tkan1111:20200602095025p:plain

まずは準備

筆者は通常Apple WatchとiPhoneを携行してランニングする。最近は、Apple Watchでランニングアプリ「Nike Run Club」を起動して、iPhoneからオーディオブック「Audble」か音楽をAirPods Proに流して走っている。Audibleも音楽もApple Watchに対応しているので、iPhoneがなくてもいいけど、走っているときに風景を撮影したい時があるので常備している。

セルラー対応ではないApple WatchのGPSモデルを使っているので連絡を取るためにもiPhoneが必要だ。

iPhoneに代わってRakuten Miniを携帯するために、Rakuten MiniにAndroid版Audibleをインストールする。Audibleは同じアカウントなら複数の端末にオーディオブックをダウンロードできるので、iPhone、Apple Watch、Rakuten Miniに同じオーディオブックを格納することができる。読んだページ数の同期をとってくれるので、iPhoneからRakuten Miniに読み継ぐことも容易だ。

音楽を聴くためにAmazon Musicをインストールした。Rakuten Miniは32GBしか容量がなくSDカードなどで増量もできないので、たくさんの音楽ファイルを格納できない。Rakuten UN-LIMITは楽天回線なら無制限、楽天回線網以外だとパートナーのau回線を5GB分使える。5GBを使い切っても1MBpsで通信できるので、Amazon Musicで音楽を聴いても遅延することはないだろう。

使わないけど、Nike Run Clubもインストールしておいた。Nike Run Clubは同じIDでログインすれば、複数の端末で走行情報を共有できる。

もうひとつAirPods ProをRakuten Miniとペアリングしておく必要がある。AirPods Proは、ケースの蓋を開けて背面のボタンを押すと、Android端末とペアリングできる。

これで準備完了。

軽いは正義

ランニングする人ならわかってもらえると思うけど、走っている時は荷物を少しでも軽くしたい。軽量小型のRakuten Miniはランニングに最適な形状をしている。ランニング中に風景を撮影する時にRakuten Miniだと軽快に取り出すことができる。ただiPhoneよりカメラ性能は悪いので、写真の質はあまりよくないが、新しいお店を見つけたなどノート代わりの撮影には支障がない。

AudibleもAmazon Musicも普通に聴ける。Androidに接続している時はAirPodsのステムを摘んでもSiriは使えず、「再生・停止」だけの操作になる。

Apple Watch単体でNike Run Clubを起動してランの記録を取っても、Apple WatchにGPSが内蔵されているので、ランコースもきちんと記録される。GPSモデルだと通信できないので、自宅に戻ってからiPhoneのNike Run Clubと同期を取る必要がある。

1時間走って、音楽を鳴らしっぱなしでもRakuten Miniのバッテリー消費は10%だった。Rakuten Miniはバッテリー容量が少ないが、計算では10時間保つので、フルマラソンでも問題ないだろう。

Coke On Payが併用できない

自販機でドリンクが買える「Coke On Pay」は歩数によってもらえるスタンプを集めるとドリンク無料チケットがもらえる。この歩数はインストールしたアプリの歩数を使用しているので、Apple Watch単体での歩数はカウントされない。iPhoneのアプリ「アクティビティ」はApple Watch単体の歩数も合算されるが、こちらの歩数を使用していない。

Rakuten MiniにCoke On Payをインストールすればいいのだが、Coke On Payはひとつのアカウントで複数の端末にログインできず、元の端末から情報を引継ぐしかない。Rakuten Miniをメイン端末しない限り、ちょっと苦しい。

Rakuten Miniで走っても問題なし

Rakuten Miniを携帯して走っても大きな問題はなかった。軽いので持ち運びも楽だし、バッテリーも大丈夫。強いて問題をあげれば、カメラ性能かな。走りながら風景写真をきちんと残したい人にはRakuten Miniのカメラ性能は心許ない。

逆に、ランニング中に写真撮影しない人にはRakuten Miniは最適なランニング携帯スマホになる。Nike Run Clubも使えるので、Apple Watchがなくても走行記録を取ることもできる。その場合、取得できないのは心拍数のデータと、Apple Watchのアクティビティ情報を更新できないことだ。その両方のデータが必要な人は、Apple WatchとRakuten Miniを併用するのが良いだろう。

 
IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。