ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

サービス別倍速設定の比較調査【YouTube】【Abema】【Netflix】【Amazon Prime Video】【Apple TV+】

倍速表示はデバイスによって異なる

動画配信サービスはデバイスやサービスによって異なる。ちょっと面白いので、調べてみました。

YouTube

  • Mac:0.25x, 0.5x, 0.75x, 1.25x, 1.5x, 1.75x, 2x (カスタムあり)
  • iPhone:0.25x, 0.5x, 0.75x, 1.25x, 1.5x, 1.75x, 2x (カスタムなし)

YouTubeは選べる倍速表示はMacとiPhoneと同じ。標準より遅い再生速度も設定できる。

さらに、YouTubeはMacだと5%ごとにカスタマイズできる。

ABEMA

  • Mac:1x, 1.3x, 1.5x, 1.7x, 2x
  • iPhone:1x, 1,3x, 1.5x

ABEMAはMacとiPhoneでは倍速表示設定が異なる。iPhoneだと1.7倍、2倍を設定できない。スマホだと負荷が大きいからか。

TVer

  • Mac:1x, 1.25x, 1.5x, 1.75x
  • iPhone:1x, 1.25x, 1.5x, 1.75x

TVerは、MacとiPhoneの倍速表示に変わりがない。iPhone以外の動画配信サービスでは珍しい1.75倍まである。

Netflix

  • Mac:0.5倍、0.75倍、1.0倍、1.25倍、1.5倍
  • iPhone:0.5倍、0.75倍、1.0倍、1.25倍、1.5倍

Netflixは、MacとiPhoneの倍速表示に変わりない。

Amazon Prime Video

  • 倍速なし

Amazon Prime Videoには倍速設定はない。動画配信サービスでは珍しい。映画は標準で見るべきというAmazonの矜持が見られる。

DAZN

  • 倍速なし

スポーツ中継がメインのDAZNは倍速設定がない。ライブ中継は当たり前だけど、録画にも倍速設定はない。その代わりかサッカーのゲームなどにはハイライトが用意されている。

Apple TV+

  • 倍速なし

Appleの動画配信サービス「Apple TV+」も倍速設定はない。Appleらしい気もする。

ABEMAだけデバイスの違いあり

ABEMAだけデバイスによって倍速表示に違いがある。すごい急いで動画を観たかったら、iPhoneではなくMacで動画を視聴しよう。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも0円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。