小説とIT

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです by 高山環

MENU

ロック画面におすすめのウィジェット【iOS 16】【iPhone】

ロック画面のカスタマイズ機能

iOS 16のもっとも大きな変更点は、ロック画面のカスタマイズ機能だ。今まで”聖域”だったiPhoneのロック画面にウィジェットを置いたり、文字のフォントを変えたりできるようになった。

ウィジェットに対応したサードパーティ製アプリも増えてきて、カスタマイズしがいがある。

ウィジェットのまとめとおすすめの配置をご紹介します。

ロック画面のカスタマイズ方法

カスタマイズ方法はこちら。ロック画面を長押しして、「カスタマイズ」をタップする。

ウィジェットは最大5つ

ロック画面に置けるウィジェットは最大5つ。時計下のウィジェットは、中サイズだと2つ、小サイズだと最大4つ並べることができる。

気づきにくいけど、時計上の日付部分もカスタマイズできる。

時計上のウィジェット

時計の上には、1ラインのウィジェットが置ける。日付だけではなく、「日付+天気」や「次のイベント」、「フィットネスの進捗」などが選べる。

サードパーティの「ウェザーニュース」をインストールしていれば、さらに詳細な天気予報を1ラインで表示できる。日付+最高 / 最低気温+降水確率が表示される。

ロック画面は、外出前にちらりと見ることが多いと思うので、天気予報より現在の天気が、さっと確認できたほうが良いと思う。

天気アプリは色々あるが、一番シンプルで現在の天気と気温がわかる標準アプリがおすすめ。

  • おすすめ:気象状況

時計下のウィジェット

時計の下には、4ブロック分のウィジェットが置ける。中サイズのウィジェットは2ブロック、小サイズのウィジェットは1ブロック使う。

全ブロックを占めるウィジェットの組み合わせは全部で3つ。

  • 中サイズ2つ
  • 中サイズ+小サイズ+小サイズ
  • 小サイズ4つ

小サイズの情報量が少なく、アイコンかショートカット的な使い方になる。

「イベント」の件数とか、天気の状況だけなどが選べる。最近はLINEやPayPayが対応して、タップすればアプリが起動するショートカットとして使うことができる。

中サイズは情報量が多い。イベントの内容やリマインダー、週間天気が選べる。

おすすめは「次のイベント」と「リマインダー」だ。

中サイズのウィジェットだとイベントやリマインダーの内容を表示できるので、タップすることなく次のイベントやリマインダーを確認できる。

今のタスクをロック画面に表示できるので、やるべきことを簡単に確認できる。

  • おすすめ:「次のイベント」と「リマインダー」

色々試そう

他社アプリのウィジェットも増えてきているので、色々試してみよう。ロック画面は複数用意できるので、仕事中と休暇中で使い分けることも可能だ。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は高山環(たかやま かん)というペンネームで小説を書いています。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも0円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。