ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

iPhoneでQRコードをスキャンできない時の対処法。「カメラ」と「コードスキャナー」の違い

QRコードをスキャンできない

iPhoneでQRコードをスキャンする機会が増えている。アプリやWebページのリンクにもQRコードが使われることが一般的になって広告や雑誌にもQRコードが掲載されるようになった。該当ページへダイレクトに飛べるので、QRコード掲載はマーケティング的に有利だ。Webページだけではなく、eSIMの登録などにもQRコードが使われている。

スキャンする機会が多くなったQRコードだけど、iPhoneでスキャンに失敗することがある。

iPhoneでQRコードをスキャンできない時の対処法をご紹介します。

3種類のQRコードスキャン

iPhoneでQRコードスキャンする方法は3種類ある。

ひとつが「カメラ」。Safariの次によく使われていると思われる標準アプリ「カメラ」を起動してQRコードに向ければ、自動的にQRコードをスキャンしてくれる。

もうひとつの標準機能が「コードスキャナー」だ。コントロールセンターに追加できる「コードスキャナー」をタップすると、QRコードをスキャンできる。

最後の方法がサードパーティ製アプリだ。iOSにQRコードスキャン機能が追加される以前は使われていたけど、最近は標準機能で不足はないので、使っている人は減ったかな。

f:id:tkan1111:20210818093639p:plain

「QRコードスキャン」をオンにする

「カメラ」でQRコードをスキャンする場合、設定を「オン」にしておく必要がある。設定の「QRコードスキャン」が「オフ」だとカメラでQRコードスキャンできない。

QRコードスキャンをオンにする方法

  1. iPhoneで「設定」を開く
  2. 「カメラ」を選ぶ
  3. 「QRコードスキャン」を「オン」にする

    f:id:tkan1111:20210818091225p:plain

「写真」モードにする

「カメラ」でQRコードをスキャンする場合、カメラのモードは「写真」にする必要がある。「ビデオ」「ポートレート」などのモードでは、QRコードにかざしても反応しない。

QRコードをスキャンするときは「カメラ」は「写真」モードを選択しよう。

f:id:tkan1111:20210818091450p:plain

フラッシュを点灯する

印刷されたQRコードの場合、周囲が暗いとQRコードスキャンに失敗することがある。

そういうときは、フラッシュを点灯させると良い。

「カメラ」でもフラッシュを点灯できるが、「QRコードスキャン」だと画面にフラッシュアイコンがあるので、使いやすい。

f:id:tkan1111:20210818094002p:plain

「コードスキャナー」を使う

標準機能だと「カメラ」と「コードスキャナー」のいずれかでQRコードをスキャンできる。Appleは公言していないが、感覚的には「コードスキャナー」の方がスキャンの反応が速い気がする。

「カメラ」で反応しない場合は「コードスキャナー」を使ってみよう。使い方は、コントロールセンターに追加した「コードスキャナー」をタップする。

コントロールセンターへの追加方法

  1. iPhoneの「設定」を開く
  2. 「コントロールセンター」をタップ

    f:id:tkan1111:20210818095022p:plain

  3.  「コードスキャナー」左の「+」マークをタップ

    f:id:tkan1111:20210818095244p:plain

「カメラ」と「コードスキャナー」の違い

カメラとコードスキャナーの大きな違いは、Safariが自動で開くかどうかだ。「カメラ」にURLのQRコードをスキャンすると「Safariで開く」という表示が出て、タップするとSafariでWebページが開く。

f:id:tkan1111:20210818095600p:plain

「コードスキャナー」では、URLのQRコードをスキャンすると、自動的にSafariが起動する。

コードスキャナーの方が1タップ少なくて済む。だが、コードスキャナーのSafariは、コードスキャナー内で起動しているので、SafariのキャッシュとCookieを取り込むことができない。Cookieに記録されたIDなどを取り込みたいときは、右下の「Safari」アイコンをタップすると、Cookieを取り込んだSafariがアプリで開く。

f:id:tkan1111:20210818100655p:plain

コードスキャナーを使う癖をつけよう

カメラでもQRコードをスキャンできるけど、「コードスキャナー」でQRコードスキャンした方が、0タップでWebページが開くし、フラッシュライトも簡単に扱えるので、便利だ。

コントロールセンターに「コードスキャナー」を追加して、QRコードは「コードスキャナー」でスキャンするようにしよう。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。