ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

iPhone 12 miniの超薄型ケースレビュー 。わずか14.5gでゴムのような触感

本当は裸族

iPhoneは基本裸族だ。スマートフォンは軽いのが正義なのに、わざわざ重いケースを装着したくないけど、新しいスマホを買ってすぐに傷つくと凹むので暫くはケースを装着する。

12 miniの特徴である小ささを活かすために、超薄型ケースを買いました。

今回購入した薄型ケースのレビューを行います。

ケースを選ぶ基準

ケースを選ぶ基準は、こちら。

  • とにかく軽くて薄い
  • レンズを保護している
  • 滑りにくい

 一番大事なのは軽くて薄いこと。iPhone 12 miniの特徴は小さくて片手で操作できることなのに、ケースを装着して片手で操作できなかったら意味がない。

というわけで選んだのは、こちら。Amazonでブラックは1,039円とお手頃な価格(2020/11/30現在)。

指紋がつきづらい表面

全体が黒くて非常にシンプル。カメラ部分が少し盛り上がっている。材質はポリカーボネート。ザラザラした表面は指紋がつきづらく、少しゴムみたいな感触がする。メーカーのマークなどはついていないのが良い。

f:id:tkan1111:20201130092556j:plain
f:id:tkan1111:20201130092625j:plain

 側面のスイッチも保護されている。ミュートスイッチは上下に動くので穴が空いている。右側面の下にはストラップホールがある。ストラップをつけるつもりはないが、少し出っ張っているので12 miniを握るとき掌に接触して落としづらくなる。

f:id:tkan1111:20201130092757j:plain
f:id:tkan1111:20201130092825j:plain

装着した感じが、こちら。レンズよりもほんのわずかだけ盛り上がっているので、背面を下に置いてもレンズに傷がつかない。

f:id:tkan1111:20201130093742p:plain
f:id:tkan1111:20201130094617p:plain

ホームバーの下に切り込みが入っている。太いLightningケーブルでも挿しやすくなっている(12 miniを買ってから一度も挿したことないけど)。切り込みが入っているもう一つのメリットは、ホームバーを操作するときにケースの縁に指が当たらない。特に「簡易アクセス」をするためにホームバーを下へ操作するときに縁が邪魔にならない。

f:id:tkan1111:20201130094711p:plain

下部の左右端にも切り込みが入っている。ケースを外しやすくするためだけど、12 miniの底を小指で支える時には引っ掛かって落としづらい。

f:id:tkan1111:20201130095430p:plain

14.5gのケース

ケースの重さは14.5g。10gを切る重さのケースもあるので、最軽量ということはないが、しっかりした材質なのでフレームが歪まないギリギリの重さかもしれない。

iPhone 12 miniに装着すると148.0g。この重さはiPhone SE(2代目)と同じ。装着しても重さはほとんど感じない。

裸の12 miniと比べると、ケースの幅を少しだけ感じる。ただアルミフレームは滑りやすいので、ケースを装着した方が握りやすい。

f:id:tkan1111:20201130100037p:plain
f:id:tkan1111:20201130095909p:plain

悪くはないけど、もっと薄いケースを

12 miniが到着する前にAmazonで慌てて注文したケースだけど、かなり良い感じだった。14.5gは合格な重さだし、ゴムみたいな触感が滑りづらいのが優秀だ。

ただ、もっと薄くて軽いケースはあるので、もうしばらくケース探しを続けたいと思います。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。