ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

iPhone SE Maxではなく、iPhone SE Plusが登場する理由

iPhone SE Plusが登場

今秋の新型iPhoneは4モデルと言われている。スタンダードのiPhone 12シリーズが5.4インチと6.1インチ。iPhone 12 Proシリーズが’6.1インチと6.7インチと推定される。

ところが、ここにきてiPhone 12のどちらかがiPhone SE Maxでは? という噂が出ている。

噂の真偽を検証してみます。

f:id:tkan1111:20200906085035p:plain

現行モデルと比較

現行のiPhoneは、こちら。

  • iPhone SE:4.7インチ
  • iPhone 11:6.1インチ
  • iPhone 11 Pro:5.8インチ
  • iPhone 11 Pro Max:6.5インチ

価格順に並べたが、ディスプレイサイズでいうと、iPhone 11 Pro Max>iPhone 11>iPhone 11 Pro>iPhone SEの順番になり、iPhone 11 ProよりもiPhone 11のが大きい。

今年発売されるといわれている新型iPhoneと恐らく継続販売のiPhone SEを並べてみる。

  • iPhone SE:4.7インチ
  • iPhone 12:5.4インチ
  • iPhone 12 Max:6.1インチ
  • iPhone 12 Pro:6.1インチ
  • iPhone 12 Pro Max:6.7インチ

 ここで違和感があるのは、6.1インチが2種類あること。昨年は、iPhone 11が液晶モデル、iPhone 11 ProシリーズがOLEDと差別化されていたが、今年は全モデルがOLEDといわれている。そうなると、同じ6.1インチでOLEDフルディスプレイだと差別化ができない。ProシリーズはiPad Proのようなデザインになると言われているので形状は異なるが、同じディスプレイサイズのモデルを出す理由が弱い。

もうひとつ、5.4インチモデルの存在だ。このモデルはiPhone 11後継のiPhone 12だと言われているが、現行iPhone 11が6.1インチなので大幅なサイズダウンになる。サイズが大きくなることはあっても、後継モデルがいきなりサイズダウンする事例はあまりない。

そう考えると、現行iPhone 11と同じサイズの6.1インチがiPhone 12で、5.4インチがiPhone SE Maxと考える方が自然だ。

この推論が正しいとすると、iPhone 12とiPhone 12 Proが同じディスプレイサイズになるが、標準機とProモデルの差別化はディスプレイサイズではなく携帯周波数の違いだと予想する。Proモデルのみが5Gに対応することで、差別化を図る。

まとめると、こんな感じ。

  • iPhone SE:4.7インチ
  • iPhone SE Max:5.4インチ
  • iPhone 12:6.1インチ
  • iPhone 12 Pro:6.1インチ(5G対応)
  • iPhone 12 Pro Max:6.7インチ(5G対応)

ひょっとするとiPhone SE Plus?

過去のディスプレイ拡大モデルはPlusかMaxの表記がつく。最近のモデルはMaxで、少し前はPlusだった。実はこの名称に意味があり、Plusモデルはカメラ機能など標準モデルに追加機能があり、ただディスプレイサイズが大きくなる場合はMaxになる。

今回のiPhone SEの拡大版はフルディスプレイの可能性が高い。Face IDではなく電源ボタンにTouch IDを内蔵するといわれているが、フルディスプレイは間違いなく「Plus」機能だ。

だとすると、5.4インチの名称はiPhone SE Plusになりそうだ。

 
IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。