ITと小説

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです by 高山環

MENU

【iOS16】iPhoneでキーボード入力時に触角でフィードバックを受ける方法

iOS 16公開

iPhoneの新しいOS「iOS 16」が公開された。もっとも大きな新機能は、ロック画面のカスタマイズだが、それ以外にも多くの変更点がある。

多くの変更・追加点の中に、キーボードに触れたときにiPhoneが震えて知らせてくれる機能が加わった。

その設定方法をご紹介します。

iPhoneでキーボード入力時に触角でフィードバックを受ける方法

  1. iPhoneの「設定」を開く
  2. 「サインドと触角」をタップ

  3. 「キーボードのフィードバック」をタップ

  4. 「触角」をオンにする。これで完了

入力したキーの位置はわからない

設定して、キーに触れるとiPhoneが震えて指に伝わる。ただ、キーの位置によって振動の場所が変わるわけではないから、どのキーに触れたかはわからないが、触れたかどうかだけわかる。

タッチスクリーンをタップするのに振動が伝わると、入力しやすい。ソフトキーボードが打ちにくいのは、画面を押しても反応がないからで、押した実感が指に伝わるとそれだけで入力が快適になる。日本語のフリック入力ではメリットをあまり感じないが、英文タイプだと実感できる。

振動をさせるので、少しだけバッテリー消費が大きくなるかもしれないので、そこだけは注意ですが、オンにしてフィードバックを試してみるのも良いかも知れません。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は高山環(たかやま かん)というペンネームで小説を書いています。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも0円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。