ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

watchOS 6にアップデートして、Apple Watchの文字盤の表示が暗くなってしまったときの対処法【WatchOS 6】

watchOS 6降臨

Apple Watchの新しいOS「watchOS 6」の公開された。今のところ対象は「Apple Watch series 3」以降で、Apple Watch series 1/2は年内のアップデートとなる。

アプリが増えて、結構色々と変わっているけど、一番驚いたのはアップデートしたら文字盤が暗くなってしまったこと。よく見ると、暗いわけではなく、アイコンの色がぬけてしまっている。

Apple Watch series 5の「常時表示ディスプレイ」に対応したのかと思ったが、色だけが変わった模様。

対処方法をご紹介します。

 なんだか暗い

この症状が起きるのは、Apple Watch series 4以降のインフォグラフ系の文字盤のみだ。アップデート前はカラー表示だったのに突然モノクロに。特定の人にすぐに連絡が取れる「お気に入り」の写真までモノクロになるので、かなり驚く。

f:id:tkan1111:20190920090725p:plain
f:id:tkan1111:20190920090721p:plain

元の表示に戻すのは簡単。

  1. 文字盤を強く押して、「カスタマイズ」をタップ
  2. 右にスワイプして「カラー」を変更する画面になったら、デジタルクラウンを思い切り下方向へ最後まで回す
  3. 文字盤「インフォグラフ」だったら、「ホワイト」か「ブラック」を選択。watchOS 5までのカラフルなアイコンに戻る。他の色と比べると一目瞭然
    f:id:tkan1111:20190920091529p:plain
    f:id:tkan1111:20190920091532p:plain
    f:id:tkan1111:20190920091536p:plain
  4. 文字盤「インフォグラフモジュラー」だと「マルチカラー」を選ぶ。
    f:id:tkan1111:20190920091750p:plain
    f:id:tkan1111:20190920091753p:plain

まとめ

  • 「インフォグラフ」は「ホワイト」か「ブラック」を選ぶ
  • 「インフォグラフモジュラー」は「マルチカラー」を選ぶ

今までは、他の色でもアイコンの色は変わらなかったが、watchOS 6からはアイコンの色がなくなってしまう仕様になったようだ。

アイコンはまだしも、特定の人にすぐに連絡が取れる「お気に入り」で顔写真を設定していると、モノクロの写真になって、ちょっと気持ち悪い。

OSをアップデートすると、いきなり様子が変わるので困った時は試してください。

 

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。