ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

新型Amazon Echo Dot登場。前モデルとの比較をしてみた。違いは形状とWi-Fi性能

4台目Amazon Echo Dot

Amazon Echo Dotの新型が発表された。3台目までのホッケーのパックみたいな形状から、球体デザインに変わった。すでに予約がスタートして10月22日に発売が予定されている。

前モデルと新モデルの性能を比べてみます。

f:id:tkan1111:20200925085350p:plain

3代目と4代目の比較

性能

本体がないので直接の性能を比較できないが、性能はほとんど変わらない。スピーカーサイズは同じ1.6インチ、3.5mmライン出力も同一。

f:id:tkan1111:20200925090606p:plain

ボタン数

ボタンはやや背面部分に位置しているので、正面からはボタンは見えず、底部のライトリングだけが見える構造になっている。ボタンの数は今までと同様で、「アクションボタン」「音量を上げる」「音量を下げる」「マイクオフボタン」だけだ。

f:id:tkan1111:20200925091638p:plain

内部構造

球体デザインになったので、内部構造は異なる。スピーカーは斜め上方を向いているので、上方を向いていた前モデルより音が遠くに届くと思われる。

f:id:tkan1111:20200925090755p:plain

サイズと重量

3代目と4代目は見た目が違うのでサイズと重量は異なる。新モデルは100mmのボール状で底部だけ凹んでいる。フラットだった3代目より高さが増している。底面積はほとんど変わらないので、高さがあれば今までと同じ場所に配置できるだろう。重量はプラス28g。頻繁に動かすものではないので、影響はなし。

電源ポートは前モデルと変わらず、専用の充電器が必要だ。できればUSB-C充電に対応してほしかった。

Wi-Fi性能

f:id:tkan1111:20200925091307p:plain

一つ進化した点がある。新モデルは、802.11a/b/g/n/ac (2.4/5GHz)  に対応した。従来モデルはacに対応していなかった。

カラー

カラーのバリエーションは変わった。新モデルは「グレーシャーホワイト」「チャコール」「トワイライトブルー」になり、前モデルとは「プラム」が減り他の色合いも変わった。「グレーシャーホワイト」は3代目にはないかなり真っ白なファブリックなので、埃が目立つかも。

f:id:tkan1111:20200925092609p:plain

f:id:tkan1111:20200925092627p:plain
上が新モデル。下が旧モデル

前モデルと同様にプラス1000円で時計付きの「Echo Dot with clock」モデルが選べる。前モデルは白色系のサンドストームだけだったが、新モデルでは「グレーシャーホワイト」以外に「トワイライトブルー」にもClockモデルが用意されている。

Apple Watchにブルーケースモデルが登場し、おそらく新型iPhoneにもブルーモデルがある。IT業界全体でブルーブームが来ているのかな。

f:id:tkan1111:20200925092856p:plain

買い換えるべきか?

形状が大きく変わったが、Wi-Fi以外のスペックは変わらないので、3代目から買い換える必要はないと思う。初代や2代目からの買い替えはどうだろう。3代目からスピーカーとマイク性能は進化しているので、形状が大きく変わった新モデルに買い換えるのはありだと思う。ただ、3代目以降のモデルは専用の電源アダプタが必要で、そのアダプタが結構大きいことには注意したい。

すでに5,980円で予約販売を開始している。過去の経験では、頻繁に割引を行っているので、待てる人は待った方が安い値段で買えると思う。

 
IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。