ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

AudibleがApple Watchに対応。Apple Watch単体でのオーディオブック使用方法

AudibleがApple Watchに対応

Amazonのオーディオブックサービス「Audible」がApple Watchに対応した。今まではiPhone・iPadで使えるiOSアプリだけで、Apple Watch単体ではAudibleを利用できなかったが、このアップデートでApple Watch単体でもオーディオブックを愉しめるようになった。

Apple WatchでのAudibleの使い方とメリットを記します。

Audibleとは?

AudibleはAmazonが提供するオーディオブックで、書籍や雑誌を朗読してくれるサービスだ。音声なので、散歩やランニングしながらも本を楽しむことができる。

日本ではいまいち伸びないオーディオブックだが、運転する時間が長いアメリカでは昔から人気のサービスで、Amazonも日本で広めようと昨年からテコ入れをしている。 

Audibleの会員になると、月額1500円の会費で、どの本でも一冊買えるコインを毎月一枚もらえる。オーディオブックが流行らない原因のひとつはオーディオブックが高価な点にある(朗読者の費用がかかるので2000円以上の書籍が多い)ので、1500円で一冊選べるのは嬉しい。

Apple Watchでできるのはダウンロードのみ

今回のApple Watch版では、Apple Watchへコンテンツをダウンロードすることが可能になった。ダウンロードしたコンテンツはApple Watch単体で聴くことができる。

Apple Watch版でできる機能は、これしかない。iPhoneのアプリで再生して、Apple Watchのアプリで操作できそうだけど、これもできない。もっともiPhoneでオーディオブックを再生すると、音楽と同様にApple Watchのアプリ「再生中」で操作できるので、Apple WatchのAudibleアプリで操作する必要はないけど、かなりの割り切りだ。

こちらがPhoneのAudibleを使っているときのApple Watchの「再生中」の画面。早送りもできるので、困ることはない。 

f:id:tkan1111:20190205110010p:plain

Apple Watch版「Audible」の使い方

  1. iPhoneの「Audible」を最新版にアップデート

     

    f:id:tkan1111:20190205204334j:plain

  2. Apple WatchのAudibleアプリを起動すると、iPhoneに保存したタイトルを転送するように言われる

    f:id:tkan1111:20190205204357p:plain

  3. iPhoneのAudibleを起動して、画面下部の「ライブラリー」をタップ

    f:id:tkan1111:20190205204846j:plain

  4.  上部の「すべてダウンロード」をタップし、まずはiPhoneにコンテンツをダウンロードする。iPhoneにダウンロードしないとApple Watchにも転送できない

    f:id:tkan1111:20190205204514j:plain

  5. ダウンロードが完了したコンテンツの右「…」をタップし、「Apple Watchと同期する」をタップ
    f:id:tkan1111:20190205102945j:plain
    f:id:tkan1111:20190205102931j:plain
  6. Apple Watchは充電中にしておくと同期が速くなる

    f:id:tkan1111:20190205204655j:plain

    1冊の同期に15分ぐらいかかる。ダウンロードが終わると、コンテンツにApple Watchのマークがつく

    f:id:tkan1111:20190205204715j:plain

    f:id:tkan1111:20190205204725j:plain

  7. ダウンロードが終わるとApple Watchで聴くことができる。Apple Watch版のAudibleでコンテンツを選ぶ

    f:id:tkan1111:20190205103321p:plain

  8. 操作パネル
    ・中央の三角:「再生/一時停止」
    ・左右の矢印:「スキップ」。スキップする秒数はApple Watch画面強押しのメニュー「スキップオプション」で選べる
    ・下左:コンテンツを選ぶ
    ・下中央:ボリューム。デジタルクラウンで音量を調整できる
    ・下右:スリープタイマー。自動的に停止するまでの時間を8分から60分の間で選べる

    f:id:tkan1111:20190205103318p:plain

  9. 強押しした時のメニュー
    ・目次:再生する章を選べる
    ・スキップオプション:早送り・巻き戻りの時間を10秒から60秒の間で選べる
    ・再生速度:0.5倍から0.75倍、1倍、1.25倍、1.5倍、1.75倍、2倍から再生速度を選べる。コンテンツによるけど、1.25倍が適当かな
    ・削除:コンテンツを削除できる。ちなみにiPhoneのアプリからも削除可能

    f:id:tkan1111:20190205103944p:plain

ウォーキング・ランニングのお供に

ウォーキング・ランニングを長い時間楽しむ人にとって、オーディオブックは良いお供になる。

上述したようにApple Watchを単体で使わないときは、Apple Watchアプリでできることはない。iPhoneのAudibleアプリでコンテンツを再生して、Apple Watchの「再生中」で操作できるので、iPhoneを携帯するならApple WatchのAudibleアプリは不要だ。

iPhoneを家に置いて、Apple Watch単体で散歩やランニングする人には嬉しいアップデートだ。Apple Watchに転送さえしておけば、操作は簡単だ。

日本でもオーディオブックが流行って、コンテンツがもっと増えると個人的には嬉しい。無料体験もあるので、ぜひ使ってみてください。