ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

【iOS 15】空間オーディオで音楽を聴く方法【iPhone】【AirPods Pro】

iOS 15で空間オーディオ

iOS 14以降ではiPhoneとAirPods Pro(またはAirPods Max)の組み合わせで、空間オーディオで視聴できた。

空間オーディオとは、ステレオ再生よりも音場が広がり、音に包まれるように聞こえる機能だ。今までは「空間オーディオ」用に録音した楽曲・映像だけだったが、iOS 15からはどのステレオ音源でも擬似的に空間オーディオで視聴できるようになった。

iPhoneとAirPods Pro(またはAirPods Max)で空間オーディオを設定する方法をご紹介します。

f:id:tkan1111:20210921164322p:plain

空間オーディオを設定する方法

  1. AirPods Pro(またはAirPods Max)をiPhoneに接続する
  2. 音楽を流す(YouTubeでもAudibleでも可)
  3. 右上端から下へスワイプして、コントロールセンターを呼び出す
  4. 音声スライダーを長押し

    f:id:tkan1111:20210921165448p:plain

  5. 「ステレオを空間化」するをタップする

    f:id:tkan1111:20210921165534p:plain

  6. 音楽だけではなくYouTube、Audible、Amazon Prime Videoなど試した限り、どの音源でも設定できる。一度設定した音源は、そのままオンの状態を維持する。全ての音源を擬似的に「空間オーディオ」で視聴するためには、音源ごとに設定する必要がある

    f:id:tkan1111:20210921165834p:plain

環境によっては合わない場面も

空間オーディオを設定すると音が広がった感じがする。ただ、Apple MusicやApple TV+のようにドルビーアトモスで録音されたコンテンツよりは音の広がりが狭い。

空間オーディオはモーションセンサーに反応して、AirPods Proの位置を測定しているので、頭を動かすと音の位置がずれる。iPhoneを置いたまま、動き回ると、音が聞こえる位置が変わったように感じる。

ランニングをしていると、音がずれるような感じがする。Audibleのような朗読コンテンツで空間オーディオを設定すると聴きづらいと思う場面もある。

幸いアプリごとに設定できるので、コンテンツに合わせて「空間オーディオ」を楽しもう。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。