小説とIT

「第12回ポプラ社小説新人賞」奨励賞受賞作の「夏のピルグリム」を7月18日に刊行

「第12回ポプラ社小説新人賞」奨励賞受賞作の 「夏のピルグリム」 が7月18日に発売になります。初の単行本形式の小説です。
興味がある方は書店で予約してみてくださいませ。

MENU

EUがUSB-Cへの統一を可決。iPhone 15 Proはポートレス仕様?

ついにUSB-Cに統一

欧州連合はスマートフォンなどの充電端子を「USB―C」に統一することを義務付ける案を採択した。2024年中には、USB-C以外のコネクタを充電端子として搭載することがEU内で禁止される見込みだ。

もっとも影響を受けるのはメーカーのひとつが、Appleだ。Apple製品のいくつかはLightningポートを搭載している。iPhoneやAirPods、一部のiPadの他にMagic Keyboardなどの周辺機器もLightningポートを採用している。

何年も前から予想されていたことだが、今後Lightningポートがどうなるか考えてみます。

EUだけ別モデルになる?

今回のUSB-Cの統一はEUだけのことなので、日本やアメリカでは今後もLightningポートを搭載した製品を販売することは可能だ。

ただ、Appleは世界各地で同じデザイン・仕様で製品を原則販売している。EUだけ特別な仕様のモデルを用意することはなさそうではあるが、今年発売のiPhone 14US版はSIMトレイがなく、他国モデルと形状が異なっている。

iPhoneほどボリュームがあれば、EUだけUSB-Cポートを搭載することも可能だろう。

むしろ、問題は周辺機器だ。AirPodsやMagic KeyaboardなどiPhoneほどボリュームが見込めない製品もすべてEU専用モデルを開発するのは手間だし、コストもかかる。EUだけ周辺機器を販売しないわけにもいかない。iMacのキーボードもマウスもLightningポートを搭載しているから、販売しなければEUでiMacが使えなくなる。

そういった周辺機器までEU専用モデルを製造販売するというのは非現実的だと思う。

USB-C搭載?

もっともわかりやすく現実的な解決方法は、Lightningポートの代わりにUSB-Cポートを搭載することだろう。USB-Cポートの方が若干サイズが大きいとはいえ、製品に与える影響はそれほど大きくない。Apple以外のメーカーはUSB-Cポート搭載のスマートフォンやワイヤレスイヤホンを販売しているのだから、Appleが開発するのに問題はない。

ワイヤレス充電に対応していないMagic KeyboardやMagic Mouseなどの周辺機器はUSB-Cポートを搭載することになると思う。

ポートレス?

では、ワイヤレス充電に対応しているiPhoneやAirPodsはどうだろう。今回のUSB-C統一を機に、全ポートを廃止して、ポートレスになるのではという観測がある。

筆者はiPhoneもAirPodsも購入してから一度もケーブルを挿したことがない。ずっとワイヤレス充電しかしていない。自宅の充電器、車載、モバイルバッテリーもすべてMagSafe充電に統一している。

だけど、そこまで徹底できている人ばかりではないだろう。特にMagSafeまたはワイヤレス充電対応のモバイルバッテリーを持っている人はそれほど多くないと思う。

外出先、例えば飛行機の機内などで充電したいときは、ケーブルを用いることになる。MagSafe充電ケーブルを持っていれば問題ないけど、MagSafeケーブルは嵩張るし、高価だ。USB-Cケーブルは百均でも買えるのに。ポートレスにするなら、充電するためにMagSafeケーブルをiPhoneに同梱する必要がある。

来年のiPhone 15の販売時に、ポートレスにするのはリスクがあると思う。もしあるとすれば、Proモデルだけポートレス仕様になるのはあり得るかと思う。今年のiPhoneを見ても、Proと標準モデルの差が大きくなっている。高価なProモデルならMagSafe充電ケーブルを同梱できるだろう。

差別化のためにProだけポートレスになる可能性はあると思う。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は高山環(たかやま かん)というペンネームで小説を書いています。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも0円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。