ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

KDDIが通信障害に200円を払うのは妥当なのか考える

通信障害の代償

回線障害の「お詫び」としてKDDIが全ユーザーへ200円を支払うと発表した。

実際には回線を使っていない人もいれば、それほど影響を受けなかったユーザーもいるのに、今回は全ユーザーへの返金をKDDIは決断した。

この処置が妥当なのか考えてみます。

2種類の返金方法

報道では「200円」が強調されているが、今回の返金方法は2種類ある。

ひとつは契約約款に基づく返金。24時間以上通信サービスが利用できなかった音声契約ユーザーが対象で、271万人いる。こちらは契約プランの基本料金の2日分が返金される。こちらは音声のみの契約をしているユーザーだけ。返金額は平均52円。

もうひとつは、全契約ユーザーで対象は3,589万人。こちらはデータ通信を契約しているユーザーが対象で、報道にある200円の返金はこちらのユーザー分をさす。音声契約ユーザーの人も200円はもらえる。

200円の算出方法

実は約款には返金についてうたっていない。契約上は、KDDIに支払いの記述はない。24時間以上、全く通信できなかった時に賠償するとあるが、金額の記載はなく、今回の障害は24時間全く通信できなかった訳ではない。

料金は、プランによって異なるが、一日あたり平均52円になるらしい。3日分だと156円のところを、お詫びの意味を込めて200円にしたそうだ。

支払うべきなのか

200円って安いという意見がネットでは多い。

だが、そもそも電話通信料金が安くなっている。プランによって異なるが、povoなら3GB999円、一日あたりの料金は33円だ。通信できないという実害だけでは、100円以下になってしまう。

今回の補償額には、通信障害によるユーザーのビジネスの損失は計上されていない。それはサービス業者としては当然で、「通信できないから1億円の商談がパアになった」と言われても、サービス事業者は支払えない。

そう言った意味をこめて「お詫びの200円」なのだろう。

ネットには、「200円を通信施設の増強やエンジニアの待遇改善に使ってほしい」という意見もあった。たかが200円でもKDDIの負担は約72億円にもなる。この資金を使えば、いろいろできそうだが、KDDIとして大事なのは、今回の障害で毀損したブランドイメージを回復させて、経営を安定させることにある。解約者が増えれば、経営は不安定になり、通信障害を防ぐ対策もできなくなる。

携帯電話はITに詳しい人だけが使うものではない。一般ユーザーにも納得してもらうために、200円が必要だったと思われる。ネットでは、ITに詳しい人の意見が大きいが、ネットに出てこない一般の人の意見が多く、KDDIはその人たちにお詫びをして、解約を少しでも減らすことが重要だ。

だから、KDDIは200円のお詫び金を支払うことを決めたのだ。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は高山環(たかやま かん)というペンネームで小説を書いています。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも0円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。