ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

iPhone 12 miniによる楽天モバイルとデュアルSIM一週間体験レポート

楽天モバイルとのデュアルSIM

iPhone 12 miniに買い替えたので、Rakuten miniのeSIMをiPhoneに移し替えてみた。一週間試してみた体験をご紹介します。

f:id:tkan1111:20201124091438p:plain

設定が必要?

デュアルSIMを設定して、メインの回線を楽天にしたけど、なかなか繋がらなかった。楽天モバイルのサイトでエリア内に移動しても繋がらない。

Rakuten UN-LIMITはパートナー回線としてauが5GB使えるが、デュアル回線の場合iPhoneは電波が弱い回線をなかなかつなげない傾向があるようだ。

au回線をオフにする方法はないので仕方がないけど、ここまで繋がらないとちょっとおかしい気もする。

何か設定が間違っているのかと思い、調べるとAPNの設定が必要という記事があった。本来Rakuten UN-LIMITはAPNの設定は不要なはずだが、念の為設定してみる。

  1. iPhoneの「設定」→「モバイル通信」→「モバイルデータ通信ネットワーク」を選ぶ
  2. 「モバイルデータ通信」の「APN」に「rakuten.jp」と入力

    f:id:tkan1111:20201123212637p:plain

  3.  「LTE設定(オプション)」の「APN」に「rakuten.jp」と入力

    f:id:tkan1111:20201123212741p:plain

この設定が良かったのかわからないけど、たまに繋がるようになった。でも相変わらず楽天回線エリア内でもほとんど繋がらず、「フィールドテストモード」で試すとたまにBand 3に繋がっている。

速度は12Mbpsから18Mbps程度。この速度はRakuten miniの頃と変わらないので、デュアルSIMだからといって速度低下が起きているわけではないようだ。

通話無料

デュアル回線で良かったことは楽天モバイルで無料通話ができること。知っている人には電話番号を伝えている主回線で電話したいが、店舗などへの連絡は楽天モバイルの回線を利用して通話料金を抑えることができる。今までは、そういう時だけRakuten Miniを使っていたが、デュアルSIMにしてからはiPhone 12 mini一台で済ませることができるようになった。

楽天回線に繋がらなくても

楽天回線に繋がらなくても、パートナー回線のauで5GBが使えるし、5GBを使い切っても最大1MBpsが使い放題なので、大きな問題はない。どうしても速度が欲しいなら主回線に繋げば良い。

1年間無料の間は、楽天モバイルと併用していきたいと思います。

 
IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。