ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

Nintendo Switchに新モデルが登場する理由は?任天堂に残された時間

Nintendo Switchに新モデル?

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、任天堂はNintendo Switch(以下、Switch)の新モデルを2機種用意しているそうだ。

1モデルはゲーマー向けの上位機、もう1モデルは廉価版だそうだ。販売以来、人気モデルのSwitchが新モデルを販売する理由を考えてみます。

f:id:tkan1111:20190328103258p:plain

3年目のSwitch

Switchは販売から3年目を迎え、販売100週までの販売台数はWiiを超えて据え置き型では史上最速の販売台数を誇る。

発売から100週間のハード販売推移(引用:G’zブレイン)

一見すると順風満帆だが、2つの課題がある。

ひとつは販売台数の勢いが落ちている点だ。今年度末までに2000万台の販売を目標としていた任天堂は1700万台に下方修正した。昨年はスマッシュブラザーズの販売もあり、ハードウェア台数を大幅に伸ばしたが、スマブラ規模のレベルのゲームを定期的に供給するのは至難の業だ。任天堂のハードウェアは、マリオやゼルダなどの任天堂のゲームが最大のアドバンテージとしている。人気ゲームブランドの供給が一巡すると、任天堂のハードウェアの売上も厳しくなる。すでにマリオ、ゼルダ、スプラトゥーン、スマブラは登場した。残るビッグネームは「どうぶつの森」か。

もうひとつの課題は、ポータブル機3DSの衰退だ。3DSは2011年に販売開始し、すでに8年が過ぎた。国内ではまだ毎週5,000台前後販売しているが、3DSの販売台数はSwtichの1割程度まで低下している。

f:id:tkan1111:20190328094736p:plain

引用:任天堂

3DSの販売を補う廉価版

3DSの後継機を出すのは非常に難しい。SONYがPS Vitaを販売停止したようにポータブル機市場はすでに消滅しつつある。スマホゲームが以前のポータブル機の市場を侵食している。

Switchは据え置き機にもかかわらず、ポータブル機としても遊べる。以前のポータブル機市場は、スマホゲームとSwitchに挟まれている。Switchの好調は、3DSの後継機が得るだろう市場を先食いしたともいえる。

これから3DSの後継機をだしても、新たなゲーム市場を構築するのは困難だろう。

新型Switchモデルは、3DSの実質後継機となるに違いない。Joy-Conがディスプレイに固定され、テレビへの出力機能が省かれると予想する。

ゲーマー向けを目指す上位機

Switchはポータブル機と据え置き機の市場を抑え、記録的な販売台数を売り上げてきたが、残る市場はゲーマー向けだ。この分野はゲーミングPCとPS4が占めていたeSportsが流行し、この分野の市場の拡大が見込める。

Switchがゲーミング機として足りないのは、マシンパワーと4K対応だろう。SwitchのマシンパワーはPS4にも劣っている。Switchの上位版はプロセッサーを変更すると思われる。もうひとつは4K対応だ。4Kテレビが一般化しつつある。

つまり、Switch上位版は、PS4 Proだ。PS4 Proが登場したのはPS4発売から3年目で、「Switch Pro」も同時期に登場することになる。

Switchは間に合うのか?

 一方で、今月になってGoogleはストリーミングゲーム「Stadia」を発表し、Appleは「Apple Arcade」をイベントで紹介した。

どちらのサービスにも共通するのは専用のゲーム機が不要なことだ。GoogleとAppleが目指すのはSONYと任天堂のゲーム機市場を奪うことだ。

価格はわからないが、定額料金が安価なら、特にゲーマーはストリーミングゲームサービスに移る可能性も高い。

任天堂のブランドと自社開発ゲームに守られているSwitchだが、特に上位機は影響を受けるかもしれない。

5Gが浸透してくれば、スマートフォンでポータブル機を上回るレベルのゲームが遊べるようになる。Switch廉価版は、価格の縛りがあり5Gに対応できない。

そうなると、Switch拡販のための2モデルは、危機に直面することになる。ストリーミングサービスが登場し、5Gが一般化するまであと1年はかかる。

それまでにSwitchは新しい2モデルを浸透させ、ゲーマー向けのゲームを揃える必要がある。残された時間は、それほど長くないかもしれない。