ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

ソニーの新型ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM3」とAirPodsを10項目で徹底比較

ソニーの新型ワイヤレスイヤホン

ソニーが新型ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM3」を発表した。WF-1000Xの後継機で、ノイズキャンセリング機能が主な特徴だ。

ワイヤレスイヤホンといえばAppleのAirPodsが圧倒的なシェアを握っている。AirPodsと本モデルを比較しました。

f:id:tkan1111:20190706074049p:plain

ノイズキャンセリング機能

AirPodsにはノイズキャンセリング機能がないので、WF-1000XM3の圧勝だ。Boseと並びソニーのノイズキャンセリング機能の高さは定評がある。本モデルはヘッドホンの内側と外側にマイクがあり、騒音を打ち消す逆位相の音を効果的に流せるようになっている。

  • ノイズキャンセリング機能:WF-1000XM3

f:id:tkan1111:20190706074328p:plain

ワイヤレス機能

前モデルはスマートフォンからの電波を左側のイヤホンで受けて、もう片方のイヤホンへ伝送していた。そのためノイズキャンセリング機能も片方だけだったし、右側のイヤホンだけで使うことができなかった。

AirPodsと同様に本モデルでは両方のイヤホンが別々にスマートフォンと接続し、音を伝送する。これにより接続性も改善し、遅延も低減されている。

  • ワイヤレス機能:互角

操作性

前モデルはイヤホンの小さなボタンで操作したが、本モデルではAirPodsと同様にタッチセンサー式になった。イヤホンをタップすることで、再生や曲送りができる。

クイックアテンションというのは、一時的に音量とノイズキャンセリング性能を下げて外部の音を聴きやすく機能だ。これによりイヤホンを外さなくても外部の音を取り込める。

本モデルでは近接センサーも導入されていて、イヤホンを外すと一時停止になる。これもAirPodsと同じで、本モデルがベストセラーのAirPodsを参考にして開発したのがよくわかる。

長押しでSiriやGoogleアシスタントを起動できるが、2台目AirPodsのように音声でSiriを起動することはできない。

アプリから機能の割当も可能だ。

AirPodsも目標に開発しているので両モデルの機能は非常に似ているが、「Hey Siri」で起動できるAirPodsの方が便利。

  • 操作性:AirPods

音質

試聴してみないとわからないが、WF-1000XM3にはDSEE HXというハイレゾ相当の音質にアップスケーリングする機能が内蔵されている。アプリでイコライザーのカスタマイズもできるようになった。

AirPodsも2代目になって音質が向上したが、自然な音質でアップスケーリング機能などはない。

  • 音質:WF-1000XM3

DSEE HXによりアップスケーリング

つけ心地

WF-1000XM3はイヤホンを耳に押し込むタイプで、耳の外側部分も小さいので前モデルもそうだったが耳から容易に落ちそうにない。ただAirPodsよりも本体重量は2倍ある。AirPodsはイヤーパッドもないので形状はひとつしかないが、WF-1000XM3は耳の形状に合わせてイヤーパッドを変更することができる。

イヤーパッドで調整できる分だけWF-1000XM3が有利か。

  • つけ心地:WF-1000XM3

バッテリー性能

WF-1000XM3はイヤホンだけで最大6時間再生可能。充電ケースは本体を3回充電できるので最大24時間再生できる。

AirPodsは最大5時間、充電ケースを使うと最大24時間再生できるので、WF-1000XM3のほうが1時間多く再生できる。

f:id:tkan1111:20190706083632p:plain

WF-1000XM3は10分充電で90分間再生できる急速充電機能に対応している。AirPodsは15分間の充電で最大3時間再生が可能で、こちらはわずかにAirPodsの方が高性能だ。

f:id:tkan1111:20190706085331p:plain

WF-1000XM3の最大再生時間6時間はフルマラソンを行う人には安心できる再生時間で、AirPodsの5時間では少々心もとない。

  • バッテリー性能:WF-1000XM3

重量

WF-1000XM3のイヤホンは片耳8.5g。AirPodsは4g。AirPodsは他社のイヤホンと比べてもダントツに軽い。WF-1000XM3の充電ケースの重量は不明だが、AirPodsの充電ケースは38g。小柄なのでおそらくAirPodsの方が軽いだろう。

  • 重量:AirPods

充電方法

WF-1000XM3はUSB TypeーC。ワイヤレス充電には未対応。AirPodsはLightning端子で、ワイヤレス充電ケースも選べるが5000円高い。

選択肢があるだけAirPodsの方が有利か。

  • 充電方式:AirPods

カラバリ

WF-1000XM3はプラチナシルバーとブラックの2種類がある。AirPodsはホワイトのみ。

f:id:tkan1111:20190706092654p:plain

WF-1000XM3は充電ケースのカラーも2種類あるが、ツートンカラーで好みが分かれるかもしれない。特にブラックは蓋がゴールドなので筆者の好みではブラック一色にしてほしかった。とは言え、選択肢があるWF-1000XM3のが良い。

  • カラバリ:WF-1000XM3

価格

ソニーストアでWF-1000XM3の販売価格は25,880円(税抜き)。AirPodsはワイヤレス充電モデルで22,800円、非充電モデルなら17,800円とかなり安い。純粋に価格だけを比べたらAirPodsのお手頃感が強い。

WF-1000XM3はノイズキャンセリング機能という付加価値があるのでこの価格設定にしていると思われる。

  • 価格:AirPods

使用しているスマホの機種とノイキャンの有無が判断材料

  • ノイズキャンセリング機能:WF-1000XM3
  • ワイヤレス機能:互角
  • 操作性:AirPods
  • 音質:WF-1000XM3
  • つけ心地:WF-1000XM3
  • バッテリー性能:WF-1000XM3
  • 重量:AirPods
  • 充電方式:AirPods
  • カラバリ:WF-1000XM3
  • 価格:AirPods

10項目で比較して、WF-1000XM3の5勝4敗1分で、AirPodsといい勝負だ。

見てきたようにWF-1000XM3はAirPodsを参考にして開発されている。前モデルは急いで開発したのか片耳しかノイキャンができないなど中途半端な仕様だった。

本モデルはAirPods対抗として十分な性能を誇る。特にノイズキャンセリング機能がついた完全ワイヤレスイヤホンは希少なので、ノイキャンが必須な方にはおすすめだ。

ただ「Hey Siri」で操作できるなどAirPodsとiPhoneとの親和性は抜群なので、iPhoneユーザーはAirPodsの方が使い勝手は良いかもしれない。価格もAirPodsの方が安いので、iPhoneユーザーが気軽に使うならAirPodsを選ぶべきだろう。

筆者はBoseのQC30というノイズキャンセリング機能つきワイヤレスイヤホンを自宅で利用しているが、ノイズキャンセリング機能があると集中できる。

価格差もあるので、ノイズキャンセリング機能が必要かどうかで、どちらのモデルを選ぶか決められると思う。

 

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。