ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

新型iMacが5月21日に発売。改めてデスクトップパソコンの意義を考える

新型iMac発売

Appleは春のイベントで発表したM1チップ搭載の新型iMacを5月21日に発売する。

昨日から出始めたレビュー記事で改めて性能とデザインを確認すると、新型iMacがどんどん欲しくなってきた。

筆者は、1995年のWIndows 95発売日にFM-Vを購入して以来、個人ではデスクトップPCを買ったことがない。26年間WindowsとMacのノートブックしか使ってこなかった。

改めてデスクトップパソコンを使う意義を考えます。

f:id:tkan1111:20210520083720p:plain

画面が大きい

デスクトップPCは基本的にノートPCよりディスプレイサイズが大きい。iMacは24インチディスプレイに、4,480 x 2,520ピクセル解像度を表示できる。16インチMacBook Proは最大2,048 x 1,280なので、4倍以上の解像度だ。ピクセル数が多ければ、画面を広く使えるので、一画面の情報量が増える。Wordを使う時は、より多くの文章が俯瞰して表示できるので、文章の上下の繋がりを確認しながら書くことができる。

f:id:tkan1111:20210520085144p:plain

画面を開ける必要なし

ノートPCは通常ディスプレイを閉めているので、使うときには「開ける」作業が必要になる。デスクトップPCはディスプレイが常に使える状態になっているので、開ける一手間が不要だ。

ノートPCもディスプレイを開けっぱなしにすれば手間がいらないけど、ディスプレイを閉じることでスリープに入るし、開けっ放しだと引っ掛けて落としてしまったり、飲み物をこぼしてしまう危険性がある。

デスクトップPCにも同様の危険はあるが、もしも飲み物をこぼしても、キーボードだけの被害で済む。

f:id:tkan1111:20210520090014p:plain

目線が高くなる

ディスプレイが高い位置にあるので、目線が高くなる。ノートPCはデイスプレイが低く俯く体勢になるので、目が疲れ肩が凝る。

性能が高い(一般的には)

一般的にはデスクトップPCの方が性能が高い。ただ、iMacはMacbook Airと同じM1チップを搭載しているので、性能はほとんど変わらない。IntelやAMDでは当たり前だったデスクトップの方が高性能という常識がM1チップからは通用しない。

持ち運べない

ここからはデスクトップPCのデメリットになるが、一番のデメリットは持ち運べないことだ。デスクトップPCはバッテリーを内蔵していないので、電源がないと使えない。移動させるときは電源を落とさないといけない。

デスクトップPCは動かさないのが前提なので仕方がないけど、ノートPCに慣れると停電を考えると不安ではある。

場所を取る

デスクトップPCは場所をとる。ディスプレイとキーボードが離れているし、マウスを使うスペースもいるのでデスクを占める面積が大きい。

パームレストがない

デスクトップPCのキーボードはパームレストがないので、手を置く場所がない。

キーボードを変えられれば良いが、iMac専用キーボードはTouch IDがあり、他のキーボードに変えてしまうと魅力が半減する。

マウスを使いたい人ならいいが、トラックパッドを使う人は、トラックパッドを別途購入しなければならない(iMacはマウスをトラックパッドに+5,000円で変更できる)。

トラックパッドはキーボード横に置いて使うことになるので、キーボードから手を離さないとトラックパッドを操作できない。

f:id:tkan1111:20210520092012p:plain

割高

iMacはMacBook Airより価格が高い。ディスプレイサイズが大きいからというのもあるが、ノートPCと比べて、デスクトップPCはワイヤレスキーボードにワイヤレスマウスと付属物が多いので、その分コストがかかる。

欲しいけどどうしよう

iMacは画面が大きく、4.5K Retinaディスプレイは魅力的だ。M1チップなので性能は折り紙つき。つい欲しくなってしまう。

ただ、場所を取ることと、当たり前だけど持ち運びができないので自宅しか使えない。今使っているMacBook Proを持ち運び用にすればいいのだけど、筆者のMacBook Proは2017年モデルなので、現在のM1チップより性能はかなり低い。どうせなら常時どこでもM1チップ搭載のMacを使いたい。

設置場所の問題もある。今使っているデスクがノートPC用なので幅が狭いタイプだ。VRで試してみてもiMacがギリギリ置けるスペースしかない。

やっぱり、いつでも使えるMacBookがいいかな。現在販売しているMacbookシリーズは、ボディデザインがインテル搭載時代と同じ筐体なので、今回のiMacのようにM1チップを生かしたデザインではない。M1チップ搭載した新しいデザインのMacBookが出るまで様子見たいと思います。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。