ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

Apple Watchを殺すのはアプリ

貧弱なApple Watchのアプリ

しつこくApple Watchについて書く。

f:id:tkan1111:20180209141007p:plain

Apple Watchを使用する人は増えているが、新たにアプリをインストールして使っている人がどれぐらいいるのだろう。
筆者は三年間Apple Watchを毎日腕にはめているが、毎日使うサード製アプリはひとつもない。ランニング時に使っているのはNikeのランニングアプリ「Nike+ Run Club」だが、Apple WatchのNikeモデルにプリインストールされているアプリだ。
「通知」「電話」「メッセージ」といった標準アプリでほとんど事足りるが、筆者がたまに使うサードアプリは、こちら。

たまには使うサードアプリ

  • ランニング・・・「Nike+ Run Club」。標準のアプリ「ワークアウト」や「Runtastic Pro」「Run Keeper」などあるが、走行距離をNikeアプリでずっと蓄積しているので変更しないで使っている。
    「Nike+ Run Club」への要望は走行中に「スプリット単位のペース」が表示されないこと。今のペースと通算のペースは教えてくれるけど、直近1キロのペースはわからない。
    「Nike+ Run Club」はApple Watch単体で使用できるけど、iPhoneでアプリを起動するとApple Watchで表示されないことがある。
  • ニュース・・・「Filpboard」。「Google News」「カメリオ」もあるが、「Flipboard」が一番長く記事を読ませてくれる。他のアプリは数行しかニュースを表示できないので、興味がある記事はiPhoneで読み直さないといけない。
  • 交通情報・・・「駅すぱあと」。「乗換案内」「NAVITIME」など複数のアプリがあるが、Apple Watchに求めているのは降りる駅についたら教えてくれる「アラームなので「駅すぱあと」を使っている。
使用しているアプリは本当にこれだけ。Nike以外のアプリは、ほとんど使わない。Apple Watch対応のアプリは以前よりも減ってきている。WatchOSがバージョンアップされて、Watch単体での稼働など要求が厳しくなったこともあり、当初は対応していた「Twitter」「MoneyForward」など利用者が少なかったのか対応をやめてしまった。 

Apple Watchのプラットフォーム化

AppleがApple Watchを新しいプラットフォームとして育てたいなら、この状況を変える必要がある。iPhoneのApp Storeの成功でもわかるとおり、アプリのエコシステムの拡充はプラットフォームづくりに欠かせない(Apple TVも同じ状況だし、Apple以外の製品も同様な課題を抱えているので、Apple Watchだけの問題ではないが)。 

キラーアプリは大事

誰もがApple Watchを使いたいと思えるような「キラーアプリ」「キラージャンル」が求められる。 このままアプリが増えていかなければ、少ないアプリがApple Watchの魅力を損ない、Apple Watchというプラットフォームを殺すことになるだろう。