ところで、こころで

IT業界、ガジェットについて、あれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

Apple Watchを買ったら最初に行うべき6つの設定

普及期に入ったApple Watch

Apple Watchを身に着けている人を見かける機会が増えてきました。普及期に入り、新たに買う人が増加してきたのでしょう。

初めてApple Watch買った人が気になりそうな6つの設定を説明します。

f:id:tkan1111:20180520122913p:plain

初期設定は簡単

iPhoneと連動するApple Watchはガイダンスに従えば簡単にセットアップは終わります。

support.apple.com

便利に使うにはセットアップ以外にも設定をしたほうが良いポイントがいくつかあります。

「ナイトスタンドモード」をオフ

充電中にApple Watchを置き時計として使える機能。筆者はオフにしている。普通のデジタル置き時計のように常時点灯しているのではなく、時間が経つと消灯してしまい、画面を触ったり、振動に反応したりして点灯する。目についてうざいのでオフにしておこう。

  • iPhoneの「Watch」→「一般」→「ナイトスタンドモード」をオフ

f:id:tkan1111:20180514164845p:plain

「スクリーンショット」をオフ

サイドボタンとデジタルクラウンを同時に押すとApple Watchの「スクリーンショット」画面が撮影できる。ボタンが小さいので、何かの拍子に間違えて押してしまい暴発する。

筆者のようにブログに画像をアップする必要がない人は、オフにしておいた方が良い。そうしないとiPhoneの写真アルバムに文字盤の写真が並ぶことになる。

  • iPhoneの「Watch」→「一般」→「スクリーンショットをオンにする」をオフ

f:id:tkan1111:20180514165257p:plain

 

「オーディオAppを自動起動」をオフ

iPhoneやApple Watchで音楽再生した時に自動的にオーディオ制御する画面へ切り替わる機能。便利なこともあるけど、普通にスケジュールを見たい時も勝手に切り替わるので、少々うざい。必要な時にサイドボタンからオーディオAppを呼び出せるので、オフにしておこう。

  • iPhoneの「Watch」→「一般」→「画面をスリープ解除」→「オーディオAppを自動起動」をオフ

f:id:tkan1111:20180514165749p:plain

スリープ解除後のApp表示

この設定は悩ましい。スリープ解除したときに最後に使用したアプリを表示するのか設定できる。Apple標準以外のアプリ画面を表示してスリープに入ると、スリープ解除後の画面は文字盤に戻る。「ワークアウト」などApple標準アプリを使用中は、スリープ解除後でもアプリの画面を保持する。この設定では、サードアプリ画面の保持時間を決めることができる。

筆者は「最後の使用から1時間以内」にしている。「Nike+ Run Clulb」アプリ起動してランニングする時、文字盤ではなくNikeアプリ画面を常に参照したいからだ。一時間以上走る時は少ないので、「一時間以内」にしている。

サードアプリをあまり使わない人は「使用中」でもよい。この設定だとそのアプリを使用中のときのみ画面が保持される。スリープ解除後は必ず文字盤に戻る。

  • iPhoneの「Watch」→「一般」→「画面をスリープ解除」

f:id:tkan1111:20180514192538p:plain

文字盤の設定

18種類ある文字盤のうち、便利に使いたいなら「Siri」と「モジュラー」がおすすめ。リンクの記事を参考にしてください。

  • iPhoneの「Watch」→「マイ文字盤」

tkan1111.hatenablog.com

「Dock」は使うアプリによる

Dockに何を入れるかは使うアプリによると思う。筆者はこんな感じ。たくさんのアプリをDockに入れてもデジタルクラウンを回す回数が増えて、アプリメニューから探す方が素早くなる。

どのアプリを使うかよくわからないうちは「最近使った項目」に設定しておけば、使用頻度が高いアプリをApple Watchが自動的にDockへ入れてくれる。

  • iPhoneの「Watch」→「Dock」 

f:id:tkan1111:20180514194036p:plain

初めてApple Watchを使うと気になる点、つまりそうな点を列記した。デフォルトで使用しても、もちろん使えるけど、「これ、ちょっとうざいな」と思ったら参考にしてください。