ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

SONYのワイヤレスイヤホン「WF-1000XM3」の実機をAirPodsと比較。1000XM3にはApple Watchが必須?

良い感じのWF-1000XM3

2年ぶりに登場したSONYのワイヤレスイヤホン「WF-1000XM3」は大人気で、売り切れている店舗も多いようだ。実機をソニーストアでたっぷり触ってきたので、日頃使っているAirPodsと比較してみます。

f:id:tkan1111:20190812090945p:plain

音質

1000XM3の音質は、AirPodsよりも優れているように感じられた。1000XM3には「音質優先モード」と「回線優先モード」があるが、特に「音質優先モード」は音に迫力があり、さすがSONYといった感じの音質だ。

試用できるイヤホンは、接続性を重視して「回線優先モード」になっている場合が多い。デバイスのアプリで「音質優先モード」に切り替えて試してほしい。とても豊かな音質を味わえるだろう。

ノイズキャンセリング

1000XM3のノイズキャンセリング性能は、かなり高いと感じた。SONYも過去最高の性能と自己評価しているように、他のSONY製品のイヤホン・ヘッドホンと比較しても遜色ない。

音楽を鳴らしていれば、外部の音が気になるケースは少ないだろう。BOSEの「QUIETCONTROL 30」と比較すると、ノイズキャンセリングが少し控えめに感じる騒音もあるが、合格点を与えられる性能だ。

f:id:tkan1111:20190812092330p:plain

装着感

2種類3タイプのピースを用意しているので、耳へのフィット感は悪くない。イヤーピースを持たないAirPodsよりも耳にぴったりはまるので、遮音性も高い。ただ、AirPodsと比べると2倍重いので(1000XM3のイヤホンは約8.5g、AirPodsのイヤホンは約4g)、装着していると、耳に重みは感じる。AirPodsが軽すぎるのだけど。

f:id:tkan1111:20190812100153p:plain

ケース

実際に触れてみると、写真よりも結構大きい印象がした。イヤホン自体がAirPodsよりも大きいのでケースも感覚的には1.5倍ぐらいある。AirPodsと同様に下部が丸いので直立できない(そこまでAirPodsに似せなくても良いと思うけど)。

イヤホンの取り外しは指を引っ掛けてつまむ感じ。AirPodsのようにイヤホンをひねって取り出すのではないので、ひねった拍子にイヤホンを落とすことはないが、少々コツがいる。

f:id:tkan1111:20190812101157p:plain

接続性

1000XM3を試していて、一番気になったのが接続性だ。あくまでもAirPodsと比較していうと、1000XM3はデバイスに接続するまでに時間がかかる(といっても数秒だが)。

ケースから外した時点でイヤホンがBluetoothでデバイスと接続を試みるのだが、AirPodsよりも時間がかかるように感じられた。接続すると音声で知らせてもらうこともできるが、どのタイミングから操作できるのかわかりづらかった。接続していると思ってタッチセンサーを押しても反応しないことが多々あった。

2代目AirPodsの接続が爆速になったので、余計に遅く感じる。AirPodsはケースの蓋をあけるとケースがBluetoothでデバイスと通信を開始するが、1000XM3のケースには通信機能はないので、それが影響しているのかもしれない。感覚的にはAirPodsは常にデバイスとつながっている感じがするが、1000XM3はイヤホンをつけるたびに再接続を試みている印象だ。

また、特に接続した当初は音が安定しないことが何度かあった。多くの電波が飛び交っているソニーストア店内が不安定な環境なせいもあるかもしれないが、AirPodsでは一度も乱れなかった音が、1000XM3だとノイズが入ったり、音が飛んだりした。

もうひとつ、1000XM3用のアプリをデバイスで起動するときも、接続するのに1テンポが間が空き、たまに「接続できません」と表示されることがある(音楽は流れているのに)。AirPodsと違い、OSベースでチューニングできないので仕方がないのかもしれない。

f:id:tkan1111:20190812100053p:plain

操作性

1000XM3は左右イヤホンにタッチセンサーが付いていて、再生・停止などの機能が割り当てられている(アプリで変更も可能)。反応も悪くない。タッチする箇所も広く凹んでいるので、ミスすることはないだろう。

AirPodsと比較するとシングルタップなので早く操作できて便利(AirPodsはダブルタップ)。AirPodsもシングルタップで良いのでは?

操作性で気になったのはボリュームをコントロールできないことだ。1000XM3にはボリューム調整のボタンがなく、デバイス側で調整する必要がある。

AirPodsも同様なのだが、AirPodsは「Hey Siri」で命令したり(2代目)、Apple Watchで調整ができる。

1000XM3もGoogleアシスタントを使ってボリューム調整できるが、タッチセンサーで操作した後に音声で命令しないといけない。

1000XM3はApple Watchなどスマートウォッチと併用すると音量が手元で調整できて便利に感じた。

f:id:tkan1111:20190812100342p:plain

音質はワイヤレスイヤホン史上最高。スマートウォッチと併用すると吉

音質はかなりいい。特に音質優先モードは、ワイヤレスイヤホン史上最高だと思う。気になったのは接続性とボリューム調整。接続性はあくまでも2代目AirPodsと比較した結果なので、他のワイヤレスイヤホンと比べれば遜色ない。

ボリューム調整はAirPodsでも散々言われた点で、2代目に「Hey Siri」が搭載されて解消された。

1000XM3もGoogleアシスタントを使って調整できるが、スマートウォッチと併用して手元でボリューム調整すると便利だ。

 

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。