ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

AirPods Proが80%しか充電されていないときの対処法

朝なのに80%?

寝る前にAirPods Proを充電したはずなのに、たまたま早起きしたらバッテリーが80%前後しか充電されていないことがあった。1日の始まりには、100%充電しておいてほしい。

この現象の対処法をご紹介します。

2021 AirPods Pro Apple純正MagSafe充電ケース付き

AirPods Proをフル充電する方法

  1. iPhoneの「設定」を開く
  2. 「Bluetooth」をタップ
  3. AirPods Proの右横にあるをタップ

  4. 「バッテリー充電の最適化」をオフにする。「バッテリー充電の最適化」はバッテリーの劣化を軽減するために、日ごろの充電状況から学習し、AirPodsを使い続ける直前までAirPodsの80%を超える充電を保留するようになっている。満充電が続くとバッテリーが劣化するので、それを防ぐ措置だ。
    つまり、普段8時に起きて活動を開始する人のAirPods Proは、8時に合わせて100%充電するようになっている。だから、たまに早起きするとまだ満充電されておらず80%しか充電されていないことが起きる。
    これを防ぐためには、「バッテリー充電の最適化」をオフにする必要がある。

  5. 「オフ」にしようとすると、このようなメッセージが表示される。ずっとオフにするなら「オフにする」を選ぶ。明日だけ早起きするなら「明日までオフにする」を選べば、翌朝には満充電されている。

バッテリーのためには設定しよう

バッテリー保護のためには、基本的にこの設定をオンにしておいた方が良い。早起きする前日だけオフにしよう。

この設定は、MacやiPhoneにもある。

ちなみに、「バッテリー充電の最適化」が行われるには、充分な充電パターンと位置情報が必要になる。普段充電している場所で充電している時にこの設定が作動する。旅行中など普段いない場所で充電する場合は、生活サイクルが普段と違うと判断し、最適化されないようになっている(つまりすぐに満充電になる)。

「プライバシー」設定で、下記の設定がオフだと最適化されないので注意。

  • 「位置情報サービス」>「位置情報サービス」
  • 「位置情報サービス」>「システムサービス」>「システムカスタマイズ」
  • 「位置情報サービス」>「システムサービス」>「利用頻度の高い場所」>「利用頻度の高い場所」
IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は高山環(たかやま かん)というペンネームで小説を書いています。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも0円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。